環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

タグ:自民党 ( 2 ) タグの人気記事
石原環境大臣、どこで何をしておられるのですか?
石原環境大臣、どこで何をしておられるのですか?

安倍内閣が発足して3か月。
アベノミクスとやらのおかげかどうか、株価が上がり円安が進み、経済界では大喜びのようである。

そして、最近のマスメディアには、安倍首相はもとより、経済関係閣僚が頻繁に登場し、威勢よく発言している。そのような中で、日本と世界の将来にとって極めて大きな責任を有する石原伸晃環境大臣は、どこで、何をしておられるのだろうか。政府の外にいる人にはさっぱり姿は見えない。

言うまでもなく、メディアに登場して夢をばらまくだけが閣僚の仕事ではない。最も大事なことは、日本の真の国益(短期的だけでなく、中長期も含め)にからむ政策を作り、そしてそれを国民に説明し、国民の支持を求め、国会内で与野党の支持を得る努力をすること、これこそが閣僚の仕事であり、閣僚にしかできない仕事だろうと思う。石原さんはメディアから遠いところで地道なこの作業をしているのかも知れないが、私にはそうとはどうも思えない。

例えば成長戦略の議論にも、環境技術や環境ビジネスの重要性を石原さんの口からは聞いたことがない。甘利経済財政担当大臣からは時々聞かれるが、石原さんからの発言は、私は聞いたことがない。また、成長戦略よりもっと重要な中・長期的な温暖化政策、気候変動政策についても、これはと思うような発言を聞いたことがない。

先日、安倍内閣として取りまとめた「地球温暖化対策推進法」の改正案においても、温暖化対策の重要性、緊急性などについての問題意識を国民と議論する姿勢すら見せず、目標も書き込まないまま、国会に上程している。
これは、鳩山元首相が、同様に国民の意見を十分に聞かず、そして何よりも自分自身の覚悟がないまま、安易に2020年25%削減と書き込んだことと無責任さにおいてはほとんど同じである。政策手段についても、例えば韓国では、温室効果ガスを削減するための排出量取引制度をすでに法制化し、15年1月から実施しようとしており、中国でも同様の制度を北京などで実績を積み重ねつつあるなかで、日本では、議論さえ出てきていない。

石原大臣の父である石原前都知事が、自動車業界の反対を押し切り、ディーゼル規制を条例化し、国の政策をも変えさせた大きな業績に加え、排出量取引制度についても経団連あたりの猛烈な反対を押し切って都が実施したことをよく知っている私としては、石原環境大臣のやる気のなさ(そのようにしか私には思えない)が非常に気になる。

先ほどまで、自民党の幹事長を務め、安倍さんと総裁選挙を戦ったお方なのかと思うと、大切な時間を浪費しているようにしか思えない。自民党内の「大物」である石原さんに安倍さんから与えられたポストが環境大臣というのが気に入らず、やる気が出て来ないのかとは思いたくもないが、私のような人間にも目の覚めるような、そして、日本の将来と世界の将来にとって、真に重要な政策を大胆に打ち出してくれる日がくるのを待ち望んでいる。
[PR]
by JAES21 | 2013-03-26 16:28 | 加藤三郎が斬る
懲りない人たち

自民党の原発推進派が、連休明けから新しい政策会議を発足させるという。主なメンバーは元経産大臣の甘利明氏、通産省出身の元官房長官の細田博之氏、さらに東電元副社長の加納時男元議員。

国益と言う名のもとに、政治家は一部役人と共に電力会社に多大な(制度的)支援を行い、電力会社からは献金や天下り先が提供されるという癒着構造の中で、原発事業は進められてきた。今回の甚大な事故でそうした裏の事情も明らかになってきた。にもかかわらず、自らの非を認めることもなく、こうした会議を発足させるとは、厚顔無恥も甚だしい。

経済性、電力の安定供給、温暖化防止に役立つなど、彼らが主張してきたことがいかに理にかなわない主張であったかは、原子力委員会専門委員なども歴任した、吉岡斉九州大学副学長の著『原発と日本の未来』を見ると明らかである(この方は御用学者ではないことが読めば良くわかる)。

自らの過去と利害に固執した無用な議論はいい加減やめてほしい。
今私たちが求めているのは、将来世代にわたる安全性、経済性、環境影響、技術的課題、そして何より必要性を考えた、まっとうな議論である。
[PR]
by JAES21 | 2011-05-09 11:41 | 藤村コノヱが斬る



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧