環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

タグ:TPP ( 3 ) タグの人気記事
「パリ協定」11月4日に発効
国際社会としての気候変動対策を導く「パリ協定」が11月4日に発効することとなった。早期発効を心から願っていた私にとっても想定外の早さだが、日本の国会は未だ審議すらしていない。TPPの批准を優先しようとした経済最優先・安倍政権の本件に対する真剣度の不足と国会対策の見通しの甘さが、はからずも露呈した格好だ。マスメディアなどは、早速に、日本の批准の遅れを批判しているが(例えば、10月10日付朝日新聞社説)、そのメディアそのものも、どれほど本気で「パリ協定」の意義や日本社会、特に産業界に与える甚大なインパクトと変革の可能性を報じてきたか、甚だ疑問だ。

早い話が、本年7月の参院選においても、与野党いずれも気候変動対策と「パリ協定」との関わりを主要争点にしたところは無かったし、私の知る限り、このことを真剣に取り上げ、論じたマスメディアはほとんどなかった。日本の政治家もメディアも、アベノミクス是非論議とごくわずかに原発再稼働に争点を当て、あるいは意識的に当てさせられて、その土俵の中で踊っていたようなものだ。

どうしてこうなったか。私は、安倍政権の中枢部に「気候変動対策は、日本経済、すなわちアベノミクスに悪影響を与えることはあっても、良いことは何もない」と思い込んでいる人が中枢部におり、影響力を奮っているのでは、と思わずにはいられない。安倍首相はG7の議長として、オバマさんやヨーロッパ首脳の力で「パリ協定」については前向きな首脳宣言を書き込まざるを得なかったが、先月の所信表明演説では、「パリ協定」については全く言及しなかった。

日本の国会で、批准が遅ければ、G7議長としての面子や信頼が損なわれているだけでなく「脱化石」に向けて一斉に走り出している欧米企業と日本企業との間の距離はますます開いていくだろうことも、私は心配している。


[PR]
by JAES21 | 2016-10-11 17:30 | 加藤三郎が斬る
TPPで日本は持続可能な国になるのか?
安倍総理がオバマ大統領と会談したことから、TPPが現実味を帯びてきた。

もともとTPPは、シンガポール、ブルネイなど太平洋を囲む四つの国のささやかな地域経済協定に過ぎなかったが、2008年にアメリカが参加表明したことで、その姿は一変した。

TPP交渉参加国9か国と日本のGDPが占める割合は、アメリカが約70%、次いで日本が約20%、オーストラリアが約5%、残り7カ国で約5%であり、これがTPPは実質日米間の自由貿易協定(FTA)と言われるゆえんである。

TPPの賛否議論では、反対派は農業分野での不利益をあげ、推進派は自動車・家電等耐久消費財の輸出での利益をあげる。しかしこれに関しても、農業等一次産業の対GDP比は1.5%、耐久消費財輸出の対GDP比は1.6%と双方で大差はなく、誰が得して誰が損するといったレベルの問題ではないのではないかと思われる。

では、何が問題なのか?

反対を唱える専門家の間では、上記の農業と食の問題の他に、医療、そして、TPPはアメリカの雇用増進策で日本の雇用を奪うものである、アメリカの狙いは、「金融」と「投資」分野であり、日本国民の金融資産(ゆうちょ・かんぽ生命等)の収奪である、といった意見も根強い。

しかし、原発ゼロ政策の見直し、武器輸出三原則の特例が拡大されようとする今、
市民である私たちが考えなければならないことは、日本を「安心・安全で心豊かに暮らせる持続可能な国にする」という視点に立ってTPPを考えることである。

そして、金科玉条のように言われるグローバル化とは、歴史・文化・風土・国民性の異なる国々を均一化するものではなく、まして、世界中をアメリカ化する事でも決してないことを心に留め、本当のグローバル化の意味をしっかり考えてみることではないだろうか。

そうでなければ、日本はますます持続不可能な社会になってしまいそうだ。
[PR]
by JAES21 | 2013-03-05 13:43 | 藤村コノヱが斬る
食糧は命の基盤です!!
ここ数日、環太平洋の多国間での関税撤廃をめざすTPP(Trans-Pacific Partnership)に日本が参加するかどうかが大きな議論を呼んでいる。民主党内でも意見が分かれている上に、霞が関でも外務・経産省は推進、農水省は反対だという。また、内閣府は、TPPに参加すれば貿易の拡大などで実質GDP(国内総生産)が0.48~0.65%上がるという推計を出し、農水省は関税をすべて撤廃すると、食料自給率(カロリーベース)が14%に低下してGDPが1.6%低下するという推測値を出している。

こうした数値自体は、データの入れ方によって、いかようにも変わるものであり、それぞれが自分たちに都合のいい数字を出してくることはよくあるので、100%数値を信じることはできない。そうした意味で、前原外務大臣が言った数字自体も問題にすべきではないと思う。しかし、彼の農業の価値や温暖化に対する認識には眉をひそめずにはいられない。彼は、自然の恵みを受けて作られる農作物と工業製品を同じ尺度で考えるようだが、それ自体おかしいなことだ。人間は自動車はなくても生きていけるが、食べ物がなければ生きていけない。日本で作らなくても海外から買ってくればいいという事だろうが、温暖化がますます深刻化し自国の食べ物さえ確保できなくなった場合、日本になど輸出してくれるはずがないことは、今年の猛暑で国内で小麦が不足したことで、ロシアが輸出をストップしたことからも明らかだ。関税撤廃の方向に向かわざるを得ないのであれば、それは、日本の農業を海外との競争にも負けないほどに強化した後のことである。食糧は命の基盤であること、そして安全保障上も、持続可能な社会を築く上でも、食糧は出来る限り国内で確保することが原則であることを忘れてはならない。
[PR]
by JAES21 | 2010-11-01 18:08 | 藤村コノヱが斬る



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧