環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

タグ:電力エネルギー ( 1 ) タグの人気記事
正月風景、今昔
つい先ほどまで、やれ年末だやれ正月だと大騒ぎしていたけれども、年明けて14日。
あっという間に正月が後ろに飛び去っていく。

私のように70余年、人生の月日を重ねてきた者にとっては、正月の風景が子供時代と今と全く違うことに一抹の寂しさを覚える。

私が子供の頃は、正月が来る毎に一つ年を取り、当時は私の家も日本全体も貧しかったが、それでも母がいろいろとやり繰りし、工夫をして仕立ててくれた晴れ着を着せてもらったものだ。
当時まわりを見回すと、それでも男女共に嬉しそうにあり合わせの晴れ着を着て跳ね回っていたものだ。

現在は、正月といっても特別な服装をしない。
街のたたずまいもほとんど変わらない。
私は正月2日に總持寺という禅宗のお寺に参拝することを慣例としているが、今年も男女問わず晴れ着を着ている人は数千人の参拝者の中にも、ほとんど見かけなかった。

もう一つ、正月の風物詩とも言える伝統的な遊び。
凧揚げ、羽根つき、コマ回し、竹馬、縄跳びなどで路地や原っぱを子どもたちが飛び跳ねていたが、今はこのような遊びはほとんど見られず、大人も子供もスマホを片手に歩いている。

私の子ども時代の遊びは、人力以外のエネルギーはほとんど使わなかったわけだが、今はPCゲームを始め、電力を当たり前に使う。個々の端末の使用電力は少なくとも、数が多いので、サーバーなどは大容量の電力が必要だ。
また、飛行機を使う海外旅行もしかりだ。
これもまたエネルギーを使う。
子どもの頃のゲームと言えば、囲碁、将棋、すご六にトランプなど。
これらも人力以外のエネルギーは使わない。

こうしてざっと比べてみても、正月の人々の輝きの違いもさることながら、電力エネルギーの使い方もずいぶん様変わりをした。

今、世界中で気候の異変が当たり前となり、その対策として先進国では温室効果ガスを最終的には8割以上も削減しなければならない時代に向かっている。
もっと多くの人が、せめて正月くらいはエネルギーをあまり使わずとも、体力と知力を使って楽しめる生き方をしたらよいのにという思いを今年も深めている。
[PR]
by JAES21 | 2014-01-14 17:52 | 加藤三郎が斬る



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧