環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

タグ:環境保全 ( 2 ) タグの人気記事
オバマ政権の気候変動政策に本腰が入ったか
オバマ政権が、2009年1月の発足から6年目に入った。環境対策に関しては、第一期目は率直に言って、見るべきものは何もなく、私など環境関係者は皆がっかりした。ノーベル平和賞を授与したノーベル平和賞委員会も同様であろう。しかし、オバマ大統領は、結果は出せなかったが、第一期から気候変動をプライオリティの上位に置いていた。

昨年1月、二期目が発足すると、就任演説や一般教書演説でも気候変動について、かなりのスペースを割いている。(日本の報道機関は全く報道しなかったが・・・)
それを見ると、オバマ政権は、温暖化に伴う気候変動はあるかないかの問題ではなくもはや厳然たる事実であり、これに対応することは、現世代のみならず将来世代への義務であり、かつ省エネや再生可能エネルギーの開発利用に奮闘することが、アメリカの産業競争力と雇用を強化することになると見ている。そのような認識のもとで、一期目は控えめであった、気候変動外交に二期目からは積極的に乗り出している。

昨年末のCOP19においてもアメリカが主役になったが、今年に入って、そのテンポはかなり高まってきたように思う。ケリー米国務長官は、今月16日、インドネシア・ジャカルタの文化センターで、学生などを相手に演説し、気候変動は今や世界で最も恐ろしい大量破壊兵器となる可能性があるとまで言ってのけた。

彼は人類を脅威としては、テロや伝染病、貧困、そして、核兵器などの大量破壊兵器の拡散もあるが、今や世界中を無差別に襲い始めた気候変動の脅威(タイでの大洪水やフィリピンでの台風30号による大災害など)が、大量破壊兵器になる可能性があるというのは、注目に値する。

丁度同じころ、イギリスでは、野党労働党のミリバンド(元エネルギー・気象変動担当大臣)党首は、気候変動問題は今や重大な安全保障上の問題だと演説をしたそうだ。イギリスは昨年末以来、異常気象に悩まされ、洪水騒ぎがあちらこちらで今でも起きている。イギリスでは、スコットランドの独立が今、ホットなイシューだそうだが、それよりも気候変動という安全保障問題の方に力を入れたい考えなのかも知れない。

いずれにしてもイギリスとアメリカはこのように動き始めている。日本の安倍首相は、二期目に入ってからは、気候変動問題の重大性については全く触れておらず、政策は止まったまま。アベノミクスと靖国神社で国民の支持を得るつもりらしい。
[PR]
by JAES21 | 2014-02-18 17:15 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(2)
地味ではありますが、もっと参加してはいただけませんか

私たちのNPO環境文明21は、設立からちょうど18年経った。この18年の間、一貫して行なってきたことは、日本の社会を持続可能な社会に転換するため、調査に基づき、様々な政策提言をしてきたことである。比較的身近な話では、飲料自販機の適正管理や設置のモデル条例を提案したり、特に地球温暖化については、長年にわたってさまざまに提言活動をしてきた。また、日本の現在の憲法には、環境について全く触れられていないので、憲法を改正し環境原則を入れて欲しいと改正条文を提案し、永田町の議員たちにも働きかけてきた。最近では、環境教育推進法を議員立法で作ってもらい、さらにその議員立法を強化するための改正案も関係議員に働きかけて、改正案が議員立法として、この国会で成立した。(藤村コノヱ「環境教育推進法改正案が無事成立した」参照)

このような活動というのは、言うまでもなく極めて地味であり、血沸き肉躍る話とは言えない。しかし、私たちが18年、倦まず弛まずやってきたのは、現在、生きている人はもとよりだが、将来世代、つまり、今の子どもたちやまだ生まれていない子どもたちが生きる世界が少しでも安全で幸せであるよう、良い環境を残したいという強い思いからである。

この18年間、会員や会員以外の人に呼びかけて、シンポジウムやワークショップなど様々な会合を開いてきた。しかしながら、集まってくれる人はせいぜい数十人であって、数百人、数千人の規模には程遠い。あまりにも地味だ、やり方が下手だと言われればそれまでだが、その数十人の中ですら、多くは中高年である。若者が全くいないわけではないが、率からいうと甚だ低く、一割にも満たない現状だ。

将来世代にも良かれと思ってやっていることなのに、どうして若者をはじめ人々が振り向いてくれないのだろうか。これは私たちにとっていつも反省事項であり、不満でもある。例えば、サッカー、野球、ロックのコンサートなどのイベントに目を転じるとウィークデイ、ウィークエンド問わず、数千人、数万人のオーダーで、熱狂して集まっている。確かに、私たちのやっている地味な環境保全活動とサッカー、野球、ロックコンサートなど熱狂を伴うイベントと同列で比較すること自体がナンセンスであろうとは思うが、命の基盤である環境の破綻を避けるための行動にもっと多くの人々が参加してほしいと思わずにはいられないのだ。

70歳を超えた私の切なる希望は、スポーツイベントなどに集まる人たちのせめて5%~10%でもいいから、環境保全の方に力を出してもらえないだろうかということだ。私たちのやり方が悪いのであれば、面白くないのであれば、若手がもっと参加出来るようやり方を変えていただいて構わない。

10年後、20年後、地球の環境が酷いものになっていったときに、今の若手たちが中高年になっていて、地球温暖化などのインパクトがこんなひどいことになるのなら、何故、我々に早く教えてくれなかったのかと当時の大人を責めるかもしれない。私はこのようなことにならないよう、今、出来ることを不器用ながら精一杯しているつもりだ。
どうか、血沸き肉躍ることに燃えるエネルギーのほんのわずかでも、環境保全の戦列に加わっていただきたいと願う今日この頃である。
[PR]
by JAES21 | 2011-06-21 15:38 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧