環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
真実の再構築
私たちが生きていく上で、大中小様々なことを正しいものとして、受け止めて生活している。例えば、朝、テレビの画面上に表示された時刻、これは正しい。また、交差点で直進が青だとすれば左右の信号は赤であると信じている。また、大新聞社やテレビ局などが報じる様々なニュースは、解釈やオピニオンは、社や局によって違ったとしても、事実そのものはまさか嘘ではないと思って生活している。

もしこれらがほとんどいい加減なものだとすると、例えば、朝7時03分とテレビに表示されていても、それが全くあてにならないとしたら、何をあてにすればいいのか。信号が青だから直進しているのに、交差している左右の道路ももし同じ青になっていたら、とても怖くて、車ひとつ動かすことが出来ない。

このように、解釈やオピニオンは様々あれど、事実そのものは正しいという前提で、私たちはそれに依拠し、安心して生きている。随分前から、インターネット上で発信されている情報のなかには、かなりいい加減なものがあるから注意せよと伝えられていた。大新聞や教科書に載っている情報とは異なり、真実であるかどうかの検証無しに垂れ流されているネット情報のなかには嘘があるので、気を付けろと言われていた。ところが、今回のアメリカの大統領選挙における所謂トランプ現象のなかで、科学的に全く根拠が無いと思われる情報や、全くの偽りである情報が意図的に、そして組織的に流されていたらしい。

12月19日付の朝日新聞には、「偽ニュース 米国席巻」という見出しの下で、偽ニュースがネット上で様々に拡散し、それによって発砲事件が起きたり、あるいは、大統領選挙の結果にも影響を与えるようなことがアメリカで見られるということを大きく報じている。もちろん、これはアメリカだけの話でなく、使おうと思えば、政敵を倒すために、あるいは、競争会社の信用を落とし、損害を与えるために意図的な偽情報や誤った数字を流しているとすれば、最早、我々は何を信じて生きていけばいいのか、分からなくなってくる。いわば、情報を巡る戦国時代の様相になる。

私たちが、ネット上や大新聞といえども、そこに出てくる事実なるものは、実は真実ではないものが意図的に流されるのが常態になったら、極めて深刻な大混乱に陥るかと思われる。街を歩いていて、誰にどこから発砲されるか分からないのと似た状況となる。そのような情報犯罪が、日常茶飯になったら、大変だ。表現の自由を護れという主張もあろう。恐らく、混乱の果てに真実を再構築しようという政治的、社会的、道義的動きが出てくると思われるが、そこにたどり着くまでには、あと何年いや何十年掛かることやら、と思わざるを得ない。


[PR]
by JAES21 | 2016-12-20 17:30 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
世界に誇れる国とは?!
スウェーデンで開催されたノーベル賞授賞式。
今年は日本人としては、大隅良典教授お一人の受賞となり、やや報道も少なかったように感じたが、それでも教授の素晴らしいお人柄と信念は報道の端々から感じられた。

特に、教授は、受賞当初から、「科学をすぐに実践的に使うことが求められる」として、基礎研究が疎かにされている昨今の日本の実情を憂いていたが、スウェーデンでの記念講演でも、「科学を何かに役立てるためのものではなく、文化としてとらえ、育んでくれる社会になってほしい」と強く訴えたという。

実際日本では、数年前から大学にも”稼ぐ“ことが要求され、直接利益に結びつかない研究費は年々削減され、研究者の確保さえ難しい状況が続いているという。近年の日本のノーベル賞受賞も、数十年前の功績に対するものが殆どで、これから先を心配する声は、受賞された方々からも度々聞かれる。

スウェーデンは、ノーベル賞授賞式を国民的行事としてとらえ、国民挙げて、受賞者を歓迎し、その功績を称える誇り高き伝統がある。
私自身、環境先進国でもあるスウェーデンをたびたび訪問しているが、社会福祉はもとより、気候変動問題なども踏まえた国としての持続性戦略をしっかり組み立てている。そのうえ、市民社会の育成にとても熱心で、市民教育やNGO活動にも多額の予算を充てている。スウェーデン人と結婚したある日本女性は、離婚後も「安心・安全が確保されているスウェーデンに老後も住み続ける」という。

一方日本では、公的教育予算は削減され、市民社会育成の予算もほんのわずかである。
反面、2017年度防衛予算は過去最大の5.1兆円と増え続け、様々な課題のあるカジノを含むIR法案もいとも簡単に成立しようとしている。

大隅教授のメッセージを聞いたスウェーデンの人々は、こんな日本をどう思うだろう。

安心・安全に暮らせる国を目指し、持続可能な国家戦略も組み立てているスウェーデンに比べて、環境、福祉、文化、教育など、様々な政策で後れを取っている日本。
ノーベル賞も一つの機会ととらえ、国会でも、市民の間でも、世界に誇れる国とはどのような国なのか、もっともっと真剣に議論する必要があると強く思う。


[PR]
by JAES21 | 2016-12-13 17:30 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
憲法に環境原則を導入すべき

衆議院・参議院の憲法審査会が憲法改正問題の議論を再び開始した。現段階では、まだまだ入り口の議論であって、現行憲法のどこをどう変えるかという議論には全く至っていないが、私たち環境文明21は10年前から現行憲法に環境原則を導入し、また、憲法の前文の中にも持続可能な社会を築く必要性を強調し、具体的な案文も提案している。

なぜ憲法の中に環境原則を入れることを主張するかの理由は、一口で言えば、地球上の全ての命と暮らしの基盤である環境の劣化が今世紀に入って著しく、これを放置しておくと、気候異変のように重大な問題になるという認識があるからだ。

数十年前から、科学者や識者によって指摘されていることであるが、最近の環境劣化のスピードは、誠に凄まじいものがある。その中で日本の現況を見ると、危機感も薄く、政策対応は、まるで緩くなってしまっている。そういう状況を変えるためにも、憲法論議の中で環境政策を国政の中できちっと位置付ける議論をすべきだと考えている。まして、「パリ協定」が発効した今となっては、一世紀余に亘って使い続けた化石燃料から少しずつ離脱し、省エネと再生可能エネルギーで、私たちの社会を維持することにならざるを得ないが、そのような政策の大転換や、私たちの暮らしを支えるエネルギーを転換するためにも、憲法上の位置づけが一層必要になったと考える。

安倍内閣の改憲姿勢には、私たちは危惧を感じているので、積極的に改憲論議を進める気は、今はないが、それでも、「パリ協定」が求める経済・社会を早急に築くことだけを考えても、最早、この議論を避けては通れないと考えている。


[PR]
by JAES21 | 2016-12-06 17:30 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧