環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
石炭火力発電ラッシュを止めよ
電力改革の一環として、来年4月から電力小売りの全面自由化が始まる。

これまでの電力の需給構造を一変する大改革であるだけに、電力の供給側も需要(消費)者側も戸惑っているように見える。その中で、供給側は、なんだかんだ言っても結局消費者が求めるのは、一円でも安い電力だろうという前提の下か、現時点で一番安く発電出来る石炭火力発電所の新増設計画ラッシュを迎えようとしている。

石炭火力だけで2050年時点では2,320万kW程度の電力量が見込まれるというが、言うまでもなく、石炭は化石燃料の中でもCO2排出が最も多いだけでなく、それ以外の有害物質を放出するポテンシャルもあり、時ならぬ石炭火力発電計画ラッシュは極めて問題である。

一方、気候変動の状況を見ると、国内外を問わず異常気象の頻発だ。それに対して、国際社会が一丸となってどう対処するかの大議論のための会議がパリで年末に開かれようとしている。もちろん、現時点で、このパリ会議(COP21 )の結論がどうなるかは分からないが、少なくとも日本においては、温暖化対策にあまり熱心でないと思われる安倍政権ですら、2030年には2013年比で26%の削減を公約している。これまで本気で取り組んで来なかっただけに17年程度で26%削減は大仕事だ。さらに安倍政権は、2050年では80%の削減を表明している。

今や世界のコンセンサスとなりつつあるのは、2050年時点で、途上国を含む世界全体で、40%から70%の削減が必要と認識され、6月に開催され安倍首相も参加したG7首脳会議では、70%削減に出来るだけで近いところを目指す合意をみている。

さらにIPCCのレポートによれば、世紀末に向けて、温室効果ガスの排出をゼロまたはマイナスにしなければ、人類の文明社会は破たんするという危機感は、科学者のみならず世銀やOECDを含め多くのエコノミストにも、共有されている。

実際、欧米の主要な投資家の集まりにおいても、最早、石炭を含む化石燃料への投資はやめようという大きなうねりが出来つつあるという(9月9日付毎日新聞)。ノルウェー国会は今年5月末に世界の最大規模の運用資産(約107兆円)を誇る政府年金基金からの出資を全会一致で、石炭関連企業からの撤退を決めたと言う。またフランスのある生命保険会社も石炭投資からの引き上げを公表し、アメリカでは既に既設新設を問わず、石炭火力発電所への厳しいCO2排出規制を掛けることとしている。

このような流れの中で、日本は電力料金を一時的には安く供給出来るというだけで、石炭火力発電を推進しようとしている。

この計画に対し、前の望月環境大臣は、政府の排出削減目標との整合性などを考慮して、石炭火力の新増設に対し、待ったをかけている。しかしながら、電事連・鉄連などを含む経団連は、去る10月21日に丸川環境大臣に対し、CO2をアセスの評価項目から外せという主旨の申し入れをしたと報道されている。この申し入れは、走るのに邪魔だから、自動車からブレーキを取り去れと言っているのに等しい愚策と思われる。

なぜなら、石炭火力発電所を一度建てれば、40年前後は使い続けるわけで、CO2の垂れ流しが許されなくなるに違いない国際的な規制の流れを見ると、現時点では経済性のあるプロジェクトに見えても、あと5年、10年もすれば、経済的にも妥当性を示すことの出来ないプロジェクトになってしまうことは目に見えている。イギリスのNGOなどは、日本の石炭火力発電事業を厳しく批判している。日本の常識が世界の非常識である時代は早く終わって欲しいと思う。
[PR]
by JAES21 | 2015-10-27 17:30 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
気候変動時代を乗り越えるためのシンポジウム(10月27日)のお誘い
11月末からパリで開催されるCOP21を前に、最後の作業部会がボンで開催されている。しかし会議冒頭から、提案された草案に対して、途上国から資金支援不足や責任所在が不明など、途上国の意見が反映されておらずバランスを欠くといった批判が出ているという。

先進国と途上国の対立は常にあった。
しかし、京都議定書が採択された当時は、途上国の排出量は全体の20%程だったものが、今では60%に達するほど増加していることや、途上国でも先進国でも既に気候変動に伴う被害が常態化していることを考えれば、全ての国が責任を負う新たな枠組みが不可欠であることは言うまでもない。そうした理屈は分かっていても、実際の交渉になると、各国のエゴが出てくるのは国際交渉の常である。

しかし、そんなことを言っているうちに10年20年が経過し、気候変動に伴う被害は増大し続け、被害に苦しむ市民も増えている。

先日某紙で、明日香東北大学教授がシリア難民の増加と気候変動の関係を述べていた。
実際、干ばつや自然災害により農業生産が不能になり、食糧危機が難民の苦しみを増長しているのも事実である。

これまでの累積に加えて、上記のようなことを考えれば、これまで豊かさを享受し、温暖化の原因をつくった先進国が途上国に対して配慮するのは、公平性など倫理的観点からすれば当然である。
国内では、目標値や資金援助の話が中心だが、全ての国、全ての人々、そして全ての将来世代に係るこの問題を解決するには、その根底にある、人としての「正義」や「公平性」といった哲学なくして解決の道はないようにも思う。

そんなことをテーマに、10月27日の午後、「気候変動時代をどう乗り越えていくか~パリのCOP21へ、そして、それからを生き抜くための知恵~」と題したシンポジウムを開催する。

是非多くの方にご参加いただき、人間の知恵、倫理の観点から、解決の糸口を見出して頂きたいと願っている。

参加のお申し込みはこちら
[PR]
by JAES21 | 2015-10-20 17:30 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
丸川環境大臣の仕事ぶりを注視する
安倍内閣の今回の改造人事で丸川珠代氏が環境大臣に就任した。前の内閣と比べ、数の減った女性の大臣の一人であり、44歳の初入閣ということもあって、いろいろな意味で注目されるだろうが、彼女の前に積み残された問題は山積している。原子力防災担当大臣ということもあって、就任の翌日、早速、福島県を訪ね、内堀福島県知事に面会し、挨拶を交わしている様子をテレビで見た。

原発事故後、4年半を過ぎてもまだまだ放射線汚染問題の処理は道半ばであることもあってか、副知事時代からずっとこの問題に全力を傾けている内堀知事を表敬したのであろう。丸川大臣はにこやかに“ご指導よろしく”と語っていたが、この言葉が私には気になった。この“ご指導よろしく”は、多くの政治家が、選挙民や業界の人を前にしたときに多用している、言わば政界の業界用語。政治家として上から目線で偉そうにしゃべっているという反発を避け、謙虚であるという印象を与えるためか、この言葉は多くの政治家の口からごく日常的に出る言葉である。

また、当該案件について、何も知らないから、つい“指導”してほしいという本音が言葉になる場合もあるが、大臣職のスタートにあたって謙虚であること自体はなんら異とするところはない。しかし、丸川さんは、大臣として就任した以上、その直後から当該案件についての国務を担う最高責任者である。そのことを考えると、軽く”ご指導ください“と言って歩いているのでは一種の責任放棄。むしろ、国民や業界の人に向かっては「私は全力を尽くして案件にあたるので、ぜひ、ご協力やご支援をいただきたい」と言うべきであろう。

丸川大臣は、11日のNHK日曜討論会の番組において、COP21の重大性に触れていたが、まさに1か月半後に始まるCOP21は人類の将来を決めると言っても過言ではない現下では最重要会議であり、世界の心ある人が固唾を飲んで見守っている会議だ。これに臨む丸川大臣が、どのような覚悟と戦略を持っているのか、まだ分からないが、安倍首相のいう経済最優先に巻き込まれて、ごく短期的な経済成長のために日本国民はもとより、人類の未来を更なる危機に導くような道だけは取らないでほしい。

まず、差し当たっては、望月前環境大臣が道筋を付けた「石炭火力発電への待った」を継承すること。それは、再生可能エネルギーと省エネ等を促し、環境にとって良いだけでなく、日本の経済と中長期的な産業政策を考えると必要な施策であるのでぜひ頑張ってほしい。

私たちは、丸川大臣の一挙手一投足を注視し、必要があらば、批判もするし、また、強く応援もしたいと思っている。
[PR]
by JAES21 | 2015-10-13 17:30 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
ますます鈍感力を増す安倍総理
9月19日未明、多くの疑問や反対の声がある中で可決・成立した安保法。
デモの回数は減っているものの、いまだにその違憲性を糾弾する声や内容に対する説明不足を指摘する声は続き、「参院選で賛成議員を落選させよう運動」もあちこちで起きている。

そうした政治的な動きもさることながら、安倍総理の人間性に対する疑問も、特に女性の間では根強いような気がする。品を欠く発言かとも思うが、あえて次のことは言いたい。

その1.法律成立直後のゴルフに興じる安倍総理の姿。ご本人は念願の法律が成立しほっとしたということであろうが、あれだけの反対があったのにそんな国民感情は全く無視するようなこの行動には、鈍感力さえ感じる。ましてその直前の常総豪雨で被害にあわれた方々は、この姿をどんな思いで見ていただろうと思うと、その配慮のなさには、人間としての「心根」が全く感じられない。

その2.自民党総裁再選後に打ち出された「新三本の矢」の空しさである。非正規雇用や格差がますます深刻化する中で、「一億総活躍社会」とは一体どんな社会を言うのか。一本目の「強い経済」として今後のGDPを600兆円に引き上げということだが、これには経済界からも疑問の声が上がるほど現実味がない。2本目の「子育て支援」は明らかに安保法案に反対する女性たちを意識したものと思われるが、そうであるならば、安保法を廃案にする方がよほど効果的である。さらに三本目の「現在は1.4程度の出生率を1.8程度に回復させる」に関しては、女性の心理や社会的状況を全く理解していない、男性目線の方策としか言いようがない。

その3.国連総会での演説で、「経済、経済、経済」と連呼する姿には、品格も何も感じられず日本国民として恥ずかしい、の一言である。そのうえ、シリア難民の受け入れに関する質問に対して、「女性の活躍、高齢者の活躍が先」と全く質問の意を理解していない回答には、国際的動向や様々な困難に直面している多くの人々の心情に対する鈍感な姿勢が鮮明に表れており、「積極的平和主義」を語る資格などないように思える。

個人的な好き嫌いもあるが、どう見方を変えても、安倍総理の考え方や行動の中に、「人間」は存在していないような気がする。

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智北里大学特別栄誉教授の、「人のために」の信念が、より重く心に響く。
[PR]
by JAES21 | 2015-10-06 17:30 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧