環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
教育改革の暴走を憂う
安倍内閣の安保政策の暴走に対する危機感が高まっているが、もう一つ、暴走が心配されるのが教育改革である。

5月25日付毎日新聞には、安倍総理の肝いりで設置された教育再生実行会議が、2013年1月の設置以降、道徳の教科化から教育委員会制度改革、最近では教員制度改革まで次々と7つの提言を行い、そのうちのいくつかは既に法制化している旨報じている。
また、その多くが政治主導で行われ、中央教育審議会も「結論ありき」の雰囲気の中で進められているという。(これは環境・エネルギー政策も同様である)

確かに教育を取り巻く環境も変化し、非行の低年齢化など様々な課題が教育現場で顕在化していることから、改革が必要な部分もあることは事実である。

しかし、その背後にある大人社会の様々な課題を解決せずに教育改革だけ進めても、果たして実効性あるものになるかは甚だ疑問である。

例えば、六人に一人の子供が貧困状態にあるのは、まさに雇用政策や経済政策の失敗に起因するものである。また、子どもの数の減少に伴い教職員数を削減しようというのは、単に経済性のみを重視した、子どもを知らない大人の論理である。まして、民主主義を蔑ろにした現在の政治体制の中で、民主国家の礎を築く教育の議論が健全に行われるとは到底思えない。

下村文部科学大臣は、「時代の変化は速い」としてスピード感の必要性を強調したそうだが、教育は時代の変化だけに対応すればいいというものではない。それに、子どもの成長は、そんな大人の都合では進まないものである。

大人の都合で目先の教育制度を改革するのではなく、持続可能な社会を担う子どもたちの教育に関して、その成長に手間暇かけることが大切なように、彼らを取り巻く本質的な社会的課題にも目を広げ、じっくりと、時間をかけた議論こそが必要だと思う。
[PR]
by JAES21 | 2015-05-26 17:30 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
経営者「環境力」クラブ第一回会合終わる

環境と経済との関係は古くて新しい問題である。

今から半世紀ほど前、私が厚生省公害課において環境対策を進めていた時も、経済官僚や経済界の中にも「環境対策はカネとヒトを取られるばかりで、企業にとっても国全体にとってもマイナスだ」「環境対策は必要悪」などの意見が結構あったが、私はその見方は正しくないと繰り返し主張してきた。

90年代に入ると環境経営や環境ISOなどが大企業を中心に導入されるようになり、雰囲気は多少改善されたが、それでも地球温暖化対策を巡る議論は、今でもホットであり続けている。

私の50年に及ぶ環境対策は、この環境対策と経済に絡まる問題との戦いの歴史だと言ってもいい。
そのような中、今から十数年前、トヨタなどのいわゆる優良企業の多くが、環境対策に積極的に取り組んでいるにも関わらず、大きな利益をあげる企業であることを見て、その力を私は「環境力」と名付けた。いわば、アイザック・ニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て、万有引力を発見したようなものだと称してきた。

今では「環境力」とは環境の現実と未来を科学に基づいてしっかりと見つめ、対応戦略を練り、技術や社会システムの変革を実施し得る総合力と考えている。

そのような考えの中から、環境文明21は、2008年度に経営者「環境力」大賞というプロジェクトを始めた。特に中堅中小企業においては、その経営方針や運営の意思決定に決定的役割と責任を有するのは経営者である。その経営者が先ほど述べたような環境力を持っているか否かが、その企業の盛衰に極めて大きな影響があると思い、環境力を活用したユニークな経営をしている経営者を表彰するプロジェクトを実施したのである。

過去7回開催し、業種を問わず、企業の規模に囚われず、40数名の経緯者の方々を表彰してきた。そして、昨年の12月には、それまで表彰を受けた経営者が中心メンバーとなって、「経営者環境力クラブ」というものを立ち上げた。

このクラブの目的は、環境力大賞受賞者が互いの環境力をより高め合うとともに、日本の企業社会全般の環境力の向上に寄与することを目的としている。

そして、この会の実質的な第一回の会合が昨18日開催された。ここには、経営者十数名が参集し、活発な意見交換がなされた。特に、会員相互の環境力向上はもとより、若手経営者や学生など広く社会に「環境力」を広める活動をすることを改めて誓いあった。

今後のこのクラブの発展が楽しみである。今後もホームページや外部WEBマガジンなどを通して発信を続けていくのでご注目いただき、クラブの活動にもご参加願いたい。
[PR]
by JAES21 | 2015-05-19 17:30 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
2015年6月5日、環境の日に船出します!!

日本政府が提案しようとしている2030年のエネルギー・ミックスの問題点の多さと、その結果設定された温室効果ガス削減目標値の低さには、私たちNPOのみならず、研究者、そして世界を知る人々から、「とんでもない数値」「日本が国際社会から批判されるだけでなく、日本が経済発展するための機会を失う」などの批判が続出している。

そして、気候変動問題に限らず、原発再稼働、沖縄問題、安保法制の改正など、国民の意見は無視した非民主的なやり方で、この国の将来にかかる重要事項を、いとも簡単に決めてしまおうとする現政権のやり方に、不安と不満、恐怖感を抱く人も多いはずだ。

にもかかわらず、その流れにストップをかける動きは遅々として進まない。
政治家、特に野党のふがいなさ、国民の無関心、制度の弊害化などいろいろ原因はあろうが、市民社会というものが日本には根づいていないことも大きな原因ではないかと思う。

そうした中で、6月5日「環境の日」に、日本市民環境団体連合会(通称けグリーン連合)を立ち上げる。
異常気象による災害が世界中で頻発するなど、全ての生命の基盤である環境が危機的状況にあるにもかかわらず全くそうした危機に対応しようとしない政府、強権的な政治手法で民主主義を蔑ろにしている政府に対して、なんとか、市民社会の声を届け、次世代にツケを残すことなく、民主的で公正な持続可能な社会を築いていきたいという思いからである。

ご承知の通り、日本には数万ともいわれる環境市民団体が存在する。20年以上の活動経験を積む団体も増えてきた。しかし、いずれも小さい組織であり、欧米のように数十万から数百万の会員を抱える団体のように、社会や政治を動かすだけの力を持ち得ていないのが現状である。

それを解消するために、これまでにも、「連携」の必要性は様々に指摘されてきた。しかし、個々の団体の活動で手いっぱい、各団体の主張が強すぎてまとまらない、そもそも連携の必要性を感じていないなどの理由から実現してこなかった。

しかし、そんな理由を吹き飛ばすほどに膨れ上がった環境の危機、社会の危機を前に、手を拱いている場合ではないと、同じ志の組織・仲間と立ち上げに至った次第である。

環境のみならず、市民社会にも無関心な現政権の中で、厳しい船出である。
しかし、近い将来、必ず、私たちと同じ思いで、つながり、支援してくれる市民や組織も増えていくと信じ、市民社会へのさらなる一歩を踏みだす。
是非、皆様にも、その場に立ち会って頂ければ幸いである。

〇グリーン連合サイト

〇6月5日(金)イベント案内
[PR]
by JAES21 | 2015-05-12 17:30 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧