環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今回も、取り上げられなかった争点
師走の慌ただしい中に、急遽しつらえた総選挙も、やっと終わった。

その結果は、ご承知の通り。安倍首相はアベノミクスに対する国民の信任を問い、経済成長を最優先とする「この道しかない」と強調し、今回の選挙の争点をこの一点に絞り込んだ感が深い。

それに対し、ほとんどの野党は「この道」以外の選択肢を、説得力を持って国民に提示出来なかったことが、安倍政権の勝利と今後最大4年間の続投を許してしまった。安倍首相はさぞやご満足のことであろう。

国民やマスコミの関心が、この総選挙がらみにほとんど集中していたちょうどその時、地球上日本の反対側にあるペルーのリマで、人類の将来に極めて大きな分岐点ともなり得る気候変動枠組条約締約国会議(COP20)が開かれていた。

よく見ると日本の各紙もそれなりに報道はしていたが、このCOP20の意義や、その成否が日本国民の生活にどのような影響を与えるか、説得力を持って説明した記事はほとんど目にしなかったと言ってよいくらいだ。

要は、政治家もマスコミも、従って国民もそんな大切な会議が開かれていることを真剣に取り上げず、極楽とんぼのように「やれアベノミクスだ、やれ景気回復だ、この道だあの道だ」と安倍首相が戦略的に注意深く敷いた路線の上を踊っていただけのように私には見える。

このCOP20というものは、来年の同時期パリで開催されるCOP21 において、人類社会に極めて大きな影響を与える気候変動問題へのほとんど最終的な枠組みをつくるための準備をする、極めて重要な準備会合であった。

従って、日本以外の主要国はそれなりの力を入れリマに臨んでいたと思う。特に世界第一位、第二位の温室効果ガス排出国である中国とアメリカは事前に首脳レベルでも意見を交わし、それなりの態勢を整えてリマに行き、来年のパリ会合での法的枠組みづくりに向け、怠りなく準備をしていたというのに、日本ではお決まりの「途上国支援のお金は出しますよ」と言った以外は何の策もなく、それを国民も野党も全く問題にしていないという能天気ぶりである。これでは安倍さんが仕掛けた道以外の道など見つかろうはずもない。

気候変動対策が社会に持つ意味、特に経済政策、産業政策に対して持つ意味などを含め、日本が今後どう対応すべきか、何も議論されないまま、何も知らずに屠殺場に運ばれる哀れな小羊のごとく、パリに向かうことになるのだろうか。気候変動問題は、単なる環境問題ではない。経済の姿や企業の競争力、そして私たちの価値観に重大な変更をもたらす問題である。この重大さや奥深さを理解出来ていれば、安倍さんが指し示す道以外のもう少しまともな道を今回選挙の争点の一つにすることが出来たのにと思うと残念でならない。
[PR]
by JAES21 | 2014-12-16 15:58 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
これでよいのか、野党は
投票日まであと数日というのに、連呼の声を聞くこともなく、静かな毎日である。
このままでは、投票率の低下とともに、各紙報道のように自民党圧勝??が懸念される。

しかし、前にも書いたように、この選挙は決して大義なきものではなく、原発再稼働、気候変動対策の遅れ、特定秘密保護法、武器輸出三原則にかわる防衛装備移転三原則、集団的自衛権の拡大解釈など、私たち国民の生命や日本の将来にかかわる重要な政策を、このまますんなり進めることに「YES」なのか、それとも「NO」なのかを示す、国民にとっては重要な選挙であり、日本人の民主度が問われる選挙でもある。

それにしては、野党の戦略がなさすぎる。
自民党の“アベノミクスの継続を問う”という戦略に乗せられたら、野党の勝ち目はない。なぜなら、「景気、景気」しか頭にない長年の自民党支持者や公明党支持者は、ほぼ確実に選挙に行くからである。

一方、無党派と言われる人たち多くは、「景気、景気」だけ連呼するような従来の政治家や政党にはうんざり、という人が多いのではなかろうか。そういう人達を投票に向かわせるには、他の訴え方があるはずだ。

例えば、現政権が続いた場合、
・子育て世代には、原発再稼働が加速的に進んでしまうこと、
・若者に対しては、気候変動への対処が遅れ、異常気象や自然災害など、様々な困難が降りかかってくること
・孫を持つ世代や若者には、閣議決定された安全保障政策が加速され、「戦争のできる国」になってしまうこと
・働く女性層には、女性に男性の働き方を求められるだけで、決して子育てしながら自分のやりたい仕事もできるといった、女性が望む持続的な働き方は実現しないこと
などなど、現政権が継続した場合のデメリットを、身近な問題と絡めて訴えていく戦略もある。

様々な課題がある中で、どれを優先させるかは多様であろう。
しかし、現政権の国民不在の政治をストップさせなければ、持続可能な日本は到底実現できない。
「とりあえず、自民党以外で!」そして「戦略的投票」が、環境NPOの合言葉である。
[PR]
by JAES21 | 2014-12-11 11:55 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
憲法違反状況下の衆院選
本日、第47回衆議院選が公示され、正式な選挙戦が始まった。アベノミクスなる経済政策の是非をはじめとして様々な争点が投票日の前日までにぎやかに議論されることになるだろう。このタイミングで総選挙に打って出た安倍政権の問題点についてもいろいろ議論されているが、私が特に気になっているのが、総選挙そのものの基本に関わることである。

それは、日本国憲法の前文の冒頭部分において、次のような文言がある。

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」

日本国憲法の第一文はまさにこの文章で始まる。
問題は、現在の選挙制度の下で行われる総選挙が憲法でいう「正当に選挙された国会における代表者」を選ぶ選挙であるかどうかである。言うまでもなく、国会議員の一票の格差が長いこと問題にされ、そして、過去4回の最高裁ではそろって一票の格差が甚だしく、違憲状態であると判定されている。

最高裁が違憲状態だと言っている選挙制度の下において選挙された国会議員が果たして「正当に選挙された国会における代表者」と言えるかどうかが、ずっと気になっている。
しかも、今回の選挙においても、日本にとって、最も重要な問題とするべき環境政策はほとんど争点にもならず、安倍首相は、今回の選挙はアベノミクス選挙であり、経済選挙であると言ってはばからない。野党も、この違憲状態の選挙の正当性を本気になって問題にしていない。この選挙によって出てきた人たちが、どんなことを言い、決めたとしても、正当ではない。

最高裁もいつまでも“違憲状態、しかし、選挙自体は有効”という判断はやめて、選挙無効といわないと、日本の国会議員及び選挙制度に関わる関係者の目は覚めないのではないか。私としては、文字通り、正当に選挙された国会の代表を通じて、堂々と日本の将来に重大な影響を与える環境政策を含む諸政策が議論され、採決され、実行される日が一日も早く来ることを“正当な国民”の権利として強く要求する。
[PR]
by JAES21 | 2014-12-02 16:55 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧