環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
制御不能に陥りそうな福島原発
原子力規制委員会は、福島第一原発で、高濃度の放射能汚染水がタンクから漏れ出ている問題で、この事態を、国際原子力事象評価尺度(INES)の「レベル3」(重大な異常事象)に相当する.とした。

次から次に出てくる汚染水問題。そもそも根本的な事故原因の究明がほとんど進んでいない中で、炉心冷却のために大量の水を注入し続けているのだから、汚染水が日々増え続けることは、子どもでも理解できることであり、当初から想定できたことである。
このまま進めば汚染水問題も制御不能に陥りかねず、廃炉も含め、とんでもない事態になりかねないような恐ろしさを感じる。

全てが後手後手の東電の対応には、「またか」というあきらめしか湧いてこなくなった。そして東電だけの対応では、事態の収拾は到底不可能であることもより明確になってきた。
にもかかわらず、政府が一向に動こうとしていないのは一体どういう事なのか?
と思っていた矢先、やっと茂木経済産業大臣が現地を視察。政府が汚染水処理に対して、前面に出ることを昨日表明した。
茂木大臣によると、経産省内に管理体制を整え、今年度予算の予備費を充てるとのこと。

海外からも厳しいコメントが寄せられているこの事態。
イギリスBBCは、メルトダウン以来の深刻な事態であるにもかかわらず、日本はこの重大事態に真剣に取り組んでいない旨の報道をしている。またドイツからは、福島事故を起こした日本が再び原発を推進する姿勢は理解できないという政府高官の意見も寄せられている。

しかし、安倍総理は、相変わらず、経済そして憲法改正にしか関心がなさそうだ。
岸田外務大臣はチェルノブイリを訪問したというが、石原環境大臣に関しては、その動向はほとんど聞こえてこない。

政府が前面に立つのであれば、再稼働などと言う前に、海外へ原発を売り込む前に、この問題に政府としてどう対応しようとしているのか、総理が先頭に立って、国民に対して、そして世界に対しても、納得のいく説明を尽す責任がある。

ちなみに、三菱重工、東芝、日立の原発担当幹部とゼネコン幹部を連れ、ドイツ、フィンランドを視察した小泉元総理は、今こそ総理が「脱原発」を決断すべき、と述べたそうだ(8月26日付毎日新聞)。
[PR]
by JAES21 | 2013-08-27 13:31 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
猛烈な、かつ、猛烈な
おそらくこの夏ほど「猛烈な暑さ」とか「猛烈な雨」など、「猛烈」という二文字が飛び交った夏はなかったのではないだろうか。
実際、8月に入ってからの熱波は、日中、家の中でさえ、恐怖を覚えるほどの暑さだった。

ご存じのとおり、この8月12日、41.0℃を高知県の四万十市で記録した。これは日本の観測史上最高温度であるが、この日だけ、たまたまこの数字が出たわけではない。
四万十市では、10日に40.7℃、11日に40.4℃、12日に最高記録の41℃。そして、その次の13日も40.0℃といったように、4日連続して40℃超の猛暑を記録している。

四万十市とは、東京や大阪のような大都市部に見られるヒートアイランドの影響がほとんどない四国の清流四万十川下流の山林の多い土地である。盆地状とはいえ、そのようなところでこれだけの猛暑を記録したというのはやはり、特筆すべき現象と見るべきだろう。

一方、雨のほうもこれまた猛烈に降り続いている。7月28日には、山口、島根両県で、これまで経験したことないような大雨となり、山口市、津和野町を含む多くの町で水害が発生した。8月に入ると山形県、秋田県、青森県など東北地方で大量の雨が降った。このような現象は、単なる自然現象ではない。まさに地球温暖化が引き起こした異常気象の一つが現れたものと見るべきだろう。

実際、海水温の大幅上昇が観測されており、表面温度が31度を超えているところも広範囲に出現している。この海水温の上昇が水蒸気を大気中に大量に運び、それが何かのきっかけによって、大量に、それこそ経験したことのないような雨となって降り注いだわけである。
このようなことは10年以上前から、気象学者が地球温暖化に伴って起こり得る現象として警告してきたとおりのことが起こっていると言っていいだろう。

日本だけではなく、世界中で激しい変化が起こりつつある。例えば、中国では、長江流域では記録的な猛暑となり、東北部でも大雨による大洪水が起こっている。このようなことは、欧米を含め、世界中が気象災害に見舞われ出している。

この欄でも繰り返し述べているように、地球温暖化対策に真正面から取り組み、有効な対策を一刻も早く打ち出さねば、ほどなく取り返しのつかない事態になることを私は恐れるばかりだ。
[PR]
by JAES21 | 2013-08-20 17:56 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
原爆投下の日に思う

今年も広島、そして長崎への原爆投下の日がやってきた。
あれから68年、いまだに広島では毎年6000人近くの方が後遺症などの影響で亡くなっているという。
特に最近になって、遺伝子レベルでの研究が進み、新たにMDS(骨髄異形成症候群)という「第二の白血病」といわれる血液のがんで亡くなられる被爆者も増えているそうだ。
放射線により一つの遺伝子が傷つけられると、その異常がやがて年月を経て染色体全体の異常へと変異し、がん化するのだという。

福島の原発事故でもその健康被害について報道が続いた。
しかし、医学的な見解も様々で何を信じればいいのか、いまだに明確な見解はない。
ただ、放射線により遺伝子が傷つけられることは確実なようだ。

安倍政権は、事故の究明も事故後の処理も、そして健康被害についても明確にしないままに、原発の再稼働を進めようとしている。また、原発の海外への売り込みにも熱心である。
原発を動かし続ければ、国民は常に事故の恐怖におびえなければならない。
そして、核兵器の原料となるプルトニウムもたまり続ける。

松井広島市長は、核抑止力に依存するのではなく、信頼と対話に基づく安全保障体制の構築を世界各国に呼びかけた。
そして、安倍総理は、日本には核兵器のない世界を実現していく責務があり、非核三原則を堅持しつつ、恒久平和の実現に力を惜しまぬことを誓うと述べた。
しかし、その言葉に迫力も誠実さも感じられなかったのは、私だけではないと思う。

8月6日、8月9日、そして3月11日は、日本人が忘れてはならない日である。
唯一の被爆国であり、世界最大の原発事故を引き起こしてしまった日本が、この日の惨劇を忘れず、謙虚に、しかし勇気を持って、核兵器廃絶と原発の早期廃炉への道を進むことを世界に向け発信する日にしなければ、と強く思う。
[PR]
by JAES21 | 2013-08-08 10:27 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
原爆投下の日に思う

今年も広島、そして長崎への原爆投下の日がやってきた。
あれから68年、いまだに広島では毎年6000人近くの方が後遺症などの影響で亡くなっているという。
特に最近になって、遺伝子レベルでの研究が進み、新たにMDS(骨髄異形成症候群)という「第二の白血病」といわれる血液のがんで亡くなられる被爆者も増えているそうだ。
放射線により一つの遺伝子が傷つけられると、その異常がやがて年月を経て染色体全体の異常へと変異し、がん化するのだという。

福島の原発事故でもその健康被害について報道が続いた。
しかし、医学的な見解も様々で何を信じればいいのか、いまだに明確な見解はない。
ただ、放射線により遺伝子が傷つけられることは確実なようだ。

安倍政権は、事故の究明も事故後の処理も、そして健康被害についても明確にしないままに、原発の再稼働を進めようとしている。また、原発の海外への売り込みにも熱心である。
原発を動かし続ければ、国民は常に事故の恐怖におびえなければならない。
そして、核兵器の原料となるプルトニウムもたまり続ける。

松井広島市長は、核抑止力に依存するのではなく、信頼と対話に基づく安全保障体制の構築を世界各国に呼びかけた。
そして、安倍総理は、日本には核兵器のない世界を実現していく責務があり、非核三原則を堅持しつつ、恒久平和の実現に力を惜しまぬことを誓うと述べた。
しかし、その言葉に迫力も誠実さも感じられなかったのは、私だけではないと思う。

8月6日、8月9日、そして3月11日は、日本人が忘れてはならない日である。
唯一の被爆国であり、世界最大の原発事故を引き起こしてしまった日本が、この日の惨劇を忘れず、謙虚に、しかし勇気を持って、核兵器廃絶と原発の早期廃炉への道を進むことを世界に向け発信する日にしなければ、と強く思う。
[PR]
by JAES21 | 2013-08-08 10:27 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧