環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
存在意義を見せてほしい!野党民主党
1月25日に開催されて日本経済再生本部の場で、安倍総理は、前民主党政権のエネルギー・環境政策をゼロベースで見直すよう指示したことが報じられた。
すなわち、「2030年代に原発ゼロ」路線からの転換である。

この路線が打ち出されたのは、昨年9月のエネルギー・環境戦略会議での政府としての決定。
しかしその後の閣議決定では、それまでのエネルギー・環境戦略では明記されていた「原発ゼロ」の文言が消えていた。
そのことに対して、「これでは、原発ゼロは担保されない。政権が変ったとたんに、転換されるのではないか」と、ある公開の場で某政府高官に問うた。
しかし、官邸に近い彼は、「閣議決定されたものは、そう簡単に覆されるものではない」と、自信ありげに語っていた。

しかし、政権交代してわずか一月で、私の予感(というより、多くの心ある市民が心配していたこと)は的中した。

一体、政府が決めた決定とは何だろうか? 
一政権の決定が、こんなに簡単に転換されていいものだろうか? 
昨年の夏の国民的議論の結果が、こんなに簡単に無視されていいものなのだろうか? 
と、思わずにはいられない。

安倍総理は、これに加えて、「2020年に温室効果ガスの排出を90年比で25%削減する」という、鳩山元総理が国連で表明した目標についてもゼロベースで見直すよう求めている。

政治がどうであれ、政権交代しようがしまいが、
福島の人たちの苦悩は続いているし、原発の危険性、核廃棄物問題は全く解決されていない。
そして、世界各国での異常気象も止まるところを知らない。

昨日から通常国会が始まった。
多くの国民の期待を裏切った民主党ではあるが、
「原発ゼロ」「25%削減」の方向性は決して間違っていない。
再度、野党としての力を発揮し、「時代を後戻りさせない」という強い意志を国民に示してほしい。
そうでなければ、民主党の存在意義はますます薄れることになるだろう。
[PR]
by JAES21 | 2013-01-29 17:00 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
丸腰になるか、日本の国際温暖化対策
2013年になって、温暖化の国際的な法的世界は、京都議定書の延長期間に入った。
日本は、一昨年の段階で、延長京都議定書には、削減数値を掲げて参加しない旨表明しているので、延長京都議定書からは日本はほぼ発言権を失い、丸腰になってしまった。

もちろん、2015年までに定めるという2020年以降の新たな国際的な温暖化対策法的枠組み議論への参加は可能だが、日本の足場はかなり弱いものとなってしまった。

NPOをはじめ、温暖化対策に関心を有する者からは、延長京都議定書への不参加により日本は、将来への枠組みづくりへの発言権を失ってしまうと警告を出していたが、政府、特にその背中を押している経団連の主要業界の京都議定書憎しの執念が日本をこのような立場に追いやってしまったと言ってよいだろう。

今になって延長京都議定書からの離脱を悔やむ声もちらほらあるようだが、最早手遅れである。

次期の枠組みは中国などの途上国、延長議定書に留まっているEU、そしてアメリカをメイン・プレイヤーとして構築され、日本の発言権の減少、いわんやリーダーシップなどはなくなるだろう。国内への配慮を優先して国際対応を無視するいつものやり方の落とし穴である。

京都議定書を「安政の不平等条約以来の不平等条約」、あるいは「京都議定書はEUの陰謀」などと言って、京都議定書を生み出したホスト国であったにも拘らず、産業界の一部がこれを冷遇した結果が、悔いることになるであろう立場に追いやってしまった。

しかし、こんなことをいつまで繰り返しても仕方がない。

まず、日本の省エネ技術や環境技術を基に、積極的に国際温暖化戦略づくりに参加しようとするならば、少なくとも、日本の法的拘束力のある温室効果ガス削減目標を法律に基づいて速やかに設定すべきであり、そして、その削減目標を達成するための現実的で野心的な対策計画を速やかにつくらなければならない。

安倍政権は、それを担う責任があるのに、景気浮揚ばかりに気がいっているように見える。安倍政権で、まともにかつ真剣に温暖化戦略議論ができるのかどうか、疑念を持ちながらも注視していきたい。
[PR]
by JAES21 | 2013-01-22 18:00 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
2012年は異常気象ばかり
年が明け、世間の関心はもっぱら安倍新内閣が打ち出した経済政策に向けられている。
やれ株価が上がった、円が安くなった、と経済のお題に終始しているように見える。
しかし、私にとっては異常気象の頻発が心配だ。

私は毎年暮れに、私や家族そして職場である環境文明21周辺で、その年にどんなことが起こったか、手帳や記録を月ごとに見ながらまとめるのを行事としている。その中でも世界各地で起こっている異常気象現象についての記述が昨年は特に多くなった気がする。

主に新聞、海外放送を含むテレビ、報文・雑誌が情報源であるが、毎年、気の付いた異常現象も手帳に書き留めているのだが、それを見ると2012年は特に異常気象が頻発していたことを改めて実感する。

ちなみに昨年末、カタールで温暖化対策気候変動の国際会議が開かれたが、それに合わせて世銀と国連の気象庁であるWMOとが各々レポートを公表した。

【世銀レポート骨子】
・このままいくと今世紀末には、産業革命期の世界の平均気温よりも3.5~4.0℃上昇
 (現在は0.8℃程度昇温。それでも既に様々な異常発生)
・未来は、今日見る世界とは劇的に異なったものとなる
 (海岸都市の浸水、食料や水資源のリスク増に熱波や強力な台風などの頻発、生物相にも大打撃)

【WMOレポートの骨子】
・2012年の5~10月の半年の平均気温は記録的な高温。
・9月には北極海の海氷は前例のないほど減少
 (これまで最低だった2007年9月よりも約2割も減少)。グリーンランドの氷床も。
・9月にはアメリカ大陸の約3分の2が干ばつ被害。このほかユーラシア大陸の各地でも大干ばつ。
・台風、サイクロン、ハリケーンが北米やアジアで猛威。

これらを見聞きするにつけ、円安や株価の上昇といったことで、はしゃいでいる余裕があるのかと心配でならない。世界も日本の政治も、この大問題である気候変動問題に真正面から向き合い、対策を本気で進める年にしてもらいたいものだ。
[PR]
by JAES21 | 2013-01-08 14:34 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧