環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ときめき薄れた大統領選
あと10日足らずのうちにアメリカの次期大統領が決定する。

オバマかロムニーかとアメリカ中が大統領選挙戦一色のようである。日本の新聞も連日のように、ロムニーがオバマの支持を上回った、いやオバマが巻き返したなどと数%の支持率の差を巡る報道が続いている。

4年前の選挙戦のときは、私はオバマの清新さ、はつらつさ、力強さに魅了されたものの一人だ。そして、彼が主張する富裕層への課税を強化し、格差を少なくして中・下層の生活を良くすること、さらに共和党政権では極めて消極的であった温暖化対策に力を入れることなどに共鳴し、オバマの勝利を祈ったものである。選挙戦の途中で弾丸に倒れ、暗殺などとはならないだろうか、共同代表の藤村コノヱさんと千人針を送ろうかなどと話していたものである。

しかし、オバマが大統領になってからの4年間は、やはり失望のほうが大きかった。
例の核なき世界への追求もほとんど感じられないし、温暖化対策も、ブッシュ政権との違いはほとんど感じられないほどである。

それよりむしろ、シェールオイル、シェールガスなどの新型の化石燃料の開発を熱心に支持しているようだ。私などは、化石燃料の価格の低下よりも、発掘過程での環境破壊や、3000メートルも掘って地球から絞り出す最後の化石燃料に思えて、まことに暗澹たる思いである。

本気で心配し、しかし考えてみるとこれは、オバマさんたちの努力不足というより、貪欲に経済の成長のみを求める多くの人の思いがあまりにも大きく、オバマさんをもってしてもこの分厚い貪欲の岩盤を適切に変換し、21世紀にふさわしい時代の基盤を築くことが難しかったということであろう。私としてはロムニーが勝ったところでこの岩盤はどうにもならないという思いが強い。いずれにしてもアメリカ時間11月6日の大統領選の結果とその後の展開を注目するしかないようだ。
[PR]
by JAES21 | 2012-10-29 11:48 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
環境NPOをどうします?
この10年、特に3.11後、日本の官僚・財界などのメインストリームと言われるところへの信頼がほとんど地に落ちたと思われます。

人もうらやむ企業だった東京電力の対応能力、東京電力を監督すべき役所の怠慢というより飲みこまれ振り、さらにそれを監督すべき政党・政治家の体たらく。そして、学者やメディアも従来路線にしがみつき、新しい生き方や考え方を提示出来ないでいます。

そんな時、ボランティアやNPOが活躍し、そして他のセクターの体たらくに比べ、相対的にNPOの評価も高まっているように思われます。

しかし、私が共同代表を務める環境文明21をふり返りますと、私たちにも力不足の部分があったのでしょうが、支持があまり広がらず、むしろ少しずつ会員が減り、力が削がれていく思いもあるのが現状です。その状況は私たちだけでなく、他の環境NPOにも、多かれ少なかれ、共通しているように思えます。

もし、日本の社会が環境NPOなんて必要ないよということならば、それも仕方ないことなのかも知れませんが、やはり日本の中長期的な発展のためには、メインストリームももっとしっかりしてもらわねばなりませんが、私たちNPOもがんばらなければならないと思っています。

そこで、今月10月27日土曜日に、東京御茶ノ水にある中央大学駿河台記念館の会議室において、環境文明21の全国交流大会を開催致しますが、今年のテーマは「環境NPOのエンパワーメント」です。この場では、環境文明21のことだけでなく、環境分野の他のNPOも視野において、私たちが共通に抱えている課題を克服することについて、有識者を交え、皆で検討しようとするものです。

環境分野のNPOの活動が一層盛んになり、しかも社会全体がそれを歓迎する社会づくりにご関心のある方は、ぜひご参加いただきたいと願っております。

皆で知恵を出し合える場になれば、これに越したことはないと思っております。


環境文明21全国交流大会についての詳細はこちら
[PR]
by JAES21 | 2012-10-23 13:53 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
日本にノーベル経済学賞が来なかったのはなぜか
山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞で、日本中は大騒ぎ。

従来の学説や常識を覆す画期的な発見がその理由であるので、日本中で喜びが膨らむのももっともなことである。もちろん私も大喜びだ。

ここ10年余の日本人のノーベル賞受賞と言えば、化学賞か物理学賞に限られていただけに医学・生理学賞での受賞はことのほか貴重というべきであろう。

さらに過去を振り返れば、川端康成と大江健三郎の文学賞と佐藤栄作の平和賞があるが、全く音沙汰ないのが、ノーベル経済学賞。

日本には、エコノミストと呼ばれる人はゴマンといるが(医学・生理学分野とは比較にならないほど多くいるであろう)、なぜ経済学賞が日本に来ないのか、そのことが話題にすらならないのが不思議だ。

わたしの推測するところ、日本の経済学者というのは欧米流経済学のフォロアーないしは解説者ばかりで世界に訴える独自の知見を持つ人がいないというのが理由であろう。

世界中が不平等や格差に苦しみ、グローバル経済の悪弊に苦労しているなかで、例えば、石田梅岩の心学や二宮尊徳の経済観を21世紀流に解釈し直し、「足るを知る経済学」「自然と共生する経済学」「貧困や格差をなくす経済学」でもってアダム・スミス以来の経済学そしてグローバル競争による貪欲と格差を是認する近年の経済学を作り直し、新たな体系を立て直す経済学がなぜ日本から発信されないのか。

私が知る限り、過去の日本の経済学(日本の経済専門家はそれすら学とは思わずほとんど無視しているようだ)を見直し、混迷にあえぐ世界の人々を救いだすことに挑戦する人がいないのが非常に残念だ。
[PR]
by JAES21 | 2012-10-11 16:55 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
仮免なれども原子力規制庁は頑張れ
9月19日、原子力規制委員会が正式に発足した。しかし、9月7日付の本ブログで心配したように、田中俊一委員長をはじめとする5人の委員は、国会同意なしで、首相からの任命という手続きのみで出発した。

無免許とまでは言わないまでも仮免許運転と言うしかない。このようなことになったのも、田中俊一さんら規制委員のせいではなく、もっぱら野田首相をはじめ、与・野党の政治家全員の責任である。

また、500人弱の原子力規制庁のスタッフも正式に配置された。その多くは、経済産業省・原子力安全保安院などの以前の原子力関係行政機関の職員が出向したもので、単なる横すべり人事との批判は絶えないが、現時点ではそれも致し方がないと私は思っている。

なぜなら、日本政府機関の中でまがりなりにも原子力規制や保安に携わってきた経験のある職員はここにしかいないからである。環境省は、原子力安全・規制行政から3.11までは全く意図的に外されてきたので、環境省の職員には、原子力の経験は全くない。従って、事務局スタッフの出発が、このような姿になったのも他に選択肢はないためである。

これからは、さらにスタッフの充実が図られると思うが、民間の原子力関係企業で働いた人も含め、質のいい民間の専門家も正式の公務員として登用していく必要があると思う。原子力に関わる重大事故はいつ起こるかわからない。大地震はいつ起こるか分からないし、テロだって起こり得るわけで、このような原発に絡む事故は人の都合を待ってくれないからだ。従って、日本に今、50基の原発がある以上、この安全を確保するのは今の日本にはここしかない。

そして、その間に日本の政治と国民は信頼を寄せるに足る原子力安全規制行政と組織を着実に築き上げてゆくしかない。

仮免許運転中とはいえ、日本人の生命、健康、財産、そして海外にも甚大な影響を与えるかもしれない事故に対処するには、5人の原子力規制委員と規制庁スタッフ頑張ってもらうしかないのだ。
[PR]
by JAES21 | 2012-10-04 11:51 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧