環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
一年の終わりに

多くの悲しみと苦悩が日本中を覆った一年が終わろうとしている。

その間、大きな期待を背負って成立した民主党政権も、思うような成果は出せず、むしろ、政権交代以前に後戻りしているのではないかと言う思いさえ抱かせる昨今である。

その一つが年末の予算編成である。
外環道など大規模公共工事復活の予算編成を見ると、民主党自らが掲げた「コンクリートから人へ」はもとより、「3.11」以降、日本人の多くが思った、変わらなければ、と言う思いはどこにも反映させていない。むしろ、従来通りの「経済至上主義」に逆戻りである。

ここ数年、グローバル化の弊害が世界各国で顕在化し、あのウォール街においてさえ、「反グローバル化」を叫ぶデモが続けられている。
日本でも経済格差は広がり、雇用不安も拡大している。

こうした、倫理なき経済活動への警鐘は、私たちのようなNPOのみならず、世界中の知識人からも発せられている。

にもかかわらず、日本のリーダーたちは、それらの声を無視するかのような事を繰り返している。まさに、「倫理なき政治」である。

しかし、政治家を選ぶのは私たち市民である。
そして企業を選ぶのも、私たち消費者である。

来年こそ、「倫理ある市民」として、「倫理ある消費者」として行動する仲間を増やし、日本を持続可能な社会に変える!!そんな願いを込めて、今年を終わりたいと思う。

皆様も、良い新年を!!
[PR]
by JAES21 | 2011-12-28 16:45 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)
難産の末のCOP17「合意」
南アフリカのダーバンで開催されていたCOP17が24時間以上も会期を延長して、今後の温暖化対策の方向性に「合意」して閉幕した。しかしながら、その合意内容は、前から懸念していたように、大枠のタイムテーブルばかりで、脅威の増している温暖化に人類社会が一丸となって立ち向かうのに真に必要とされる具体的な対策は、今回も先送りとなってしまった。

とはいえ、ここに至るまでの関係者のご苦労は大変なものであったと思われるが、現在進行している温暖化の影響の大きさと速さを考えると、2020年に米中を含む全ての主要排出者が実際に削減行動を始めたとしても、果たして間に合うのかという危惧の念は深い。

それにしても、今回も会議を混迷に追いやったアメリカの責任は特に大きい。

オゾン層の破壊対策に先頭切って国際社会を引っ張った時とは一転して、92年のリオサミットの時から、温暖化対策についてはポジティブなリーダーシップを放棄し、もっぱら国際社会の足を引っ張る側に回ったアメリカの責任は極めて大きい。

一方、今回の日本政府は、あからさまに妨害したわけではなかったようだが、「京都議定書延長反対」ばかりで、知恵ある対案を出したとは思えず、今回も「環境リーダーシップ」を発揮するには至らなかったようである。

いずれにしても2015年までに新たな議定書を作り、それを2020年に発効させることが「合意」されたので、今後の日本政府の動きや国際社会の動きに注視するとともに、NPOとして出来ること、すべきことをしっかりやっていきたい。
[PR]
by JAES21 | 2011-12-13 11:41 | 加藤三郎が斬る | Trackback | Comments(0)
持続可能な環境文明社会の提案

原発問題、被災地のがれき処理問題、雇用等、早急に解決しなければならない問題が山積する昨今、ますます人々の関心は短期的なところに向きがちである。
これらは私たちの生存に関わる問題故、それは当然のことであろう。

しかし、“今”だけを見てこうした問題に向き合うことと、少なくとも20年30年先を見据えて現実の問題に向き合うのとでは、おのずと解決の道筋は異なる。

「環境問題は文明の問題である」という基本認識のもと、私たち環境文明21は、“社会の羅針盤であり続けたい”と願って19年間活動を継続してきた。
そして、この度、その活動の一つの集大成として、『2030年 持続可能な環境文明社会』を発表した。


その内容は、

・持続可能な社会とは、どのような社会か?
・そこで大切にされる価値はどのようなものか?
・社会基盤である、政治、経済、技術、教育の理想像とそれを実現するための戦略は?
・私たちの暮らしとそれを実現する方策は?

など、多岐にわたる。

しかし、環境問題を、人々の生き方や社会経済のあり方も含む文明の問題として考え続けてきた私たちの提案は、必ず、これからの日本社会そして人々の“羅針盤”になりうると信じている。

是非、これを一つの参考に、日本の国はもとより、「うちの地域はこんな地域にしたい」「そのためにこんなことをやってみよう」という動きが、全国に広がってほしいと切に願う。

厳しい現実だからこそ、『夢と希望』をもって!!

詳しくは、こちら『環境文明社会』をご覧ください。

報告書は、リンク先の最下段【関連資料】に収録しています。
[PR]
by JAES21 | 2011-12-12 10:34 | 共同代表が斬る | Trackback | Comments(0)
地球温暖化の危機は、人間のエゴなど待ってはくれない
11月29日付朝日新聞の夕刊で、「京都」延長なら離脱という政府方針が決まった旨の報道があった。

南アフリカ共和国ダーバンで28日開幕したCOP17では、京都議定書の期限が切れる2012年末以降の温暖化対策が議論されることになっているが、それに当たっての日本政府の基本方針としては、失望としか言いようのない方針である。

そもそも京都議定書は、1997年に、まさに日本を代表する古都「京都」で生まれたもの。将来を含む人類社会にとって重大な危機となる温暖化に対して、世界中の人々が智恵と力を併せて立ち向かおうと決めた重要な約束事である。

そしてそれ以降、世界では、「京都」といえば、古都としてだけでなく、議定書誕生の土地として知られるようになっていたとも聞く。

にもかかわらず、2大排出国である中国と米国が削減義務を負わないのは不公平、排出義務国の排出量が世界全体の約27%にとどまると言った理由から、本来なら、先頭を切って地球温暖化に立ち向かうべき日本がこのような態度では、「環境立国」としての日本の信頼はがた落ちである。御旗を降ろしたら、折角の省エネ、環境技術も、今後『並』クラスに転落してしまいかねない。

国内外ともに、危機は温暖化だけでないことは確かだ。またCOPでの交渉も難航を極めるであろう。
しかし、京都議定書を生み出した国として、環境立国を謳った国として、将来世代への責任と日本人としての誇りを持って、交渉でのリーダーシップを発揮することを切に願う。
地球温暖化の危機は、人間のエゴなど待ってはくれない。
[PR]
by JAES21 | 2011-12-02 14:41 | 藤村コノヱが斬る | Trackback | Comments(0)



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by JAES21 at 15:12
アメリカでできることがな..
by 神戸山太朗 at 11:46
(NO3)小生などは、竹..
by 神戸山 at 09:56
(NO2)2日はまた、家..
by 神戸山太朗 at 09:54
小生宅のお正月風景。お正..
by 神戸山太朗 at 09:50
同意です。アベノミクス以..
by 環境問題を憂う者 at 18:35
少し腹が立ちました。宮沢..
by 浅田益章 at 02:08
リニア計画については、私..
by はじめまして at 13:19
エキサイト初心者です ..
by 始めましてsanaeこと 立花早苗です at 15:54
はじめまして。HPの文章..
by 島田敏 at 16:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧