環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2011年08月号巻頭言『風』
「脱原発」論:3プラス1

加藤 三郎


 東電の原子力発電所の事故から5カ月となる。この間、原発問題についての意見は様々に飛び交っている。私自身、沢山の議論を見聞きしてきたが、本欄では特に印象の深い三人のご意見の紹介と改めて私自身の意見を表明しておきたい。
 その三人とは、作家であり、ノーベル文学賞の掛け声も高い村上春樹さん、二人目は、城南信用金庫理事長の吉原毅さん、三人目は、人類学者の中沢新一さんである。
 三人の主張の根拠はそれぞれ違っているが、脱原発を目指すという点では変わりがない。

 村上春樹さん(作家)

 村上さんは今年の6月9日、スペインのカタルーニャ国際賞受賞式で、「非現実的な夢想家として」と題してスピーチし、原子力に関する彼の考え方を表明した。毎日新聞は6月14日から16日まで3回に分けて、スピーチ全文を掲載している。その長いスピーチのうち、原子力発電問題に関わる部分について、少し詳しく紹介しよう。
 今回の福島での事態は「我々の倫理や規範に深く関わる問題である」と村上さんは言う。彼は、広島と長崎に、原子爆弾が投下され、多くの人が亡くなり、生き残った方も多くが放射線被ばくの症状に苦しんだことを想起する。原爆投下から66年が経過する今、福島第一発電所が放射線をまき散らし、周辺の土壌、海や空気を汚染し続けていることについて、彼は「何故そんなことになったのか?戦後長いあいだ我々が抱き続けてきた核に対する拒否感は、いったいどこに消えてしまったのでしょう?」と自問し、その答えは「効率」だと考え、次のように続ける。「原子炉は効率が良い発電システムであると、電力会社は主張します。つまり利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は、とくにオイルショック以降、原油供給の安定性に疑問を持ち、原子力発電を国策として推し進めるようになりました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました。(中略)国民がよく知らないうちに、地震の多い狭い島国の日本が、世界で3番目に原発の多い国になっていたのです。」
 「原発に疑問を呈する人々には、『非現実的な夢想家』というレッテルが貼られていきます。」「原子力発電を推進する人々の主張した『現実を見なさい』という現実とは、実は現実でもなんでもなく、ただの表面的な『便宜』に過ぎなかった。それを彼らは『現実』という言葉に置き換え、論理をすり替えていたのです。
 それは日本が長年にわたって誇ってきた『技術力』神話の崩壊であると同時に、そのような『すり替え』を許してきた、我々日本人の倫理と規範の敗北でもありました。我々は電力会社を非難し、政府を非難します。それは当然のことであり、必要なことです。しかし同時に、我々は自らをも告発しなくてはなりません。」
 原爆の悲惨さを知っている我々日本人は、核に対し「ノー」を叫び続けるべきだったと、村上さんは言う。「我々は技術力を結集し、持てる叡智を結集し、社会資本を注ぎ込み、原子力発電に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだったのです。たとえ世界中が『原子力ほど効率の良いエネルギーはない。それを使わない日本人は馬鹿だ』とあざ笑ったとしても、我々は原爆体験によって植え付けられた、核に対するアレルギーを、妥協することなく持ち続けるべきだった。核を使わないエネルギーの開発を、日本の戦後の歩みの、中心命題に据えるべきだったのです。」

 吉原 毅さん(城南信用金庫)

 城南信用金庫と言えば、日本に数ある信用金庫の中でも、預金、貸出ともに全国2位という信用金庫である。その城南信用金庫は、4月8日、「原発に頼らない安心できる社会へ」と題した次のような“宣言文”を発表した。
 「東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。
 こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私たちが地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。」
 朝日新聞は6月29日付で、吉原理事長へのインタビュー記事を載せている。「正直いって私自身、不安に思っていませんでした。反原発運動に対しても、なぜそこまで反対するのだろう、と思っていました。いま、申し訳ない気がしています。ちゃんと考えなければいけませんでした。」と3.11以前に彼が抱いていた原発に対する見方への反省を率直に述べ、3.11以降、彼の考えが変ったことを次のように述べている。「今回の原発事故は人間の思い上がりを象徴するものです。このような技術文明は近代合理主義の行き着いた果ての姿かもしれません。経済発展は、無理のない着実な程度がよいのです。それなのに大局観もなく突き進み、成長のために原発はやめられないと思いこんだところが問題でした。」
 さらに吉原さんは「今回のような事故を2度と起こしてはならないと考えるならば、すべての原発はいったん運転を止めるべきです。一斉点検し、老朽化したものは廃炉にする。できるだけすみやかに、です。」とも述べている。このインタビューの最後に記者から、あなたは経済界の異端児ですね、と言われたのに対し、「とんでもない。私は常識人ですよ。ご近所のみなさんや中小企業の経営者の方々が思っているような、ごく当たり前のことを言っているだけです。」と答えている。

 中沢新一さん(人類学者)

 中沢さんは雑誌『すばる』の6・7・8(8月号補遺)月号に「日本の大転換」と題する論文を発表した。字数にすれば5万字を超す大論文で原発問題以外にも一神教論あり、資本主義論ありで刺激的でユニークな論考である。但し、彼独特の用語もあり、私には必ずしも読みやすい論文ではなかったが、彼の原子力問題に対する意見は、明瞭である。その部分を私なりに要約すると次のようになる。
 原子力発電という技術体系は、致命的な欠陥を抱えている。地球の生態圏の内部に、太陽圏に属する高エネルギー現象(太陽内部の核融合により大量に発生する熱エネルギー)を無媒介的に持ち込むその技術は、今の人類の知識段階では、安全に運用することが、きわめて困難。しかも、この技術体系は、自分が生み出す大量の放射性廃棄物を、安全に処理することができない。すべてのイデオロギーを排除して考えてみても、原子力発電からの脱出こそ、人類が選択すべき正しい道である、と。
 中沢さんは、原子力に替わって何を使うべきかについては、いわゆる「自然エネルギー」など太陽から「贈与」されたエネルギーを地球で受け止め、それを生態圏の内部に持ち込む手だてとしての技術、すなわち原始の地球上で原始的な植物がはじめた光合成など生態圏生成の運動を人類は模倣することによって、新しいエネルギー体系を作るべきだと主張する。「生態圏をただ収奪するのではなく、生態圏を甦らせることによって、人類ははじめて、地球上でほかの生き物を益する生き物となるであろう。」そして、彼はこのような大転換は、「日本文明を収縮させたり、弱体化させるのではなく、むしろ文明としての自分たちの本性への立ち返りを実現することになる。そして私たちは、そこから新生への歩みを開始することができる」と中沢さんは主張している。

 最後に私自身の意見をごく簡単に要約しておこう。私自身はこれまでも、原発の推進派でも反対派でもなく、いわば慎重派という立場で来ていた。その最大の理由は、原子力技術は、放射性廃棄物の処理・最終処分すら出来ていない未完成のシステムであるということに尽きる。取り敢えず危険な廃棄物は保管してあるに過ぎない。しかも、その保管量はどんどん膨れてきて、溢れんばかりになっている。これまで日本は高速増殖炉の開発や使用済み核燃料の再処理施設、最終処分場の建設など試みてきてはいるが、未だ成功していない。そのような中で、原子力発電を続けることは、東電・福島での悪戦苦闘ぶりを毎日見せられているように、危険なだけでなく、物理的に限界に近い。そういう意味から私自身は、既設の、安全に使える原発に限って今しばらく(10年~20年くらい)上手に慎重に利用し、その間に省エネと自然エネルギーの活用を徹底し、最終的には原発を廃止すべきだと思っている。つまり、性急な即廃止派ではないが、基本的には、脱原発に組する。
[PR]
by JAES21 | 2011-08-25 17:08 | 会報巻頭言『風』
菅直人首相の原子力・エネルギー政策を あえて、支持する
当事務所も世間並みの夏休みを取っていたので、久しぶりのブログ更新となった。夏休みの間にも、民主党の中は、野党の自公も巻き込んで、菅直人首相の引きずり降ろしに駆け回っていたようだ。

どの首相の場合でも、政権末期となると引きずり降ろしが始まるが、菅首相の場合には、野党よりも与党の中から引きずり降ろしが盛んで、誠に不快極まりない。自分たちが1年少し前に選んだ首相であるにも関わらず、ポスト菅と目される人たちが名乗りを挙げ、下馬評に乗ったりしているが、私から見ると、野心ばかりは一人前だが、実績も政治力もほとんど期待できない人ばかりのコップの中の争いで、大変見苦しい。

むしろ、3.11以降、菅首相が、驚異的な粘りを発揮し、自分がやりたいと思った最小限の政策に固執しているのは、政治家としては当たり前とは言え、意外な気持ちで彼を見直している。

私自身も、積み上げ努力もない思いつきの政策を次々と打ち出していた菅さんを首相として、評価していたわけではないが、こと原子力・エネルギー政策については、原子力村の利権に塗り固められていた政策を大転換させようと最後の力を振り絞っているのをあえて評価している。

長く続いた自民党政権時代も含め、どの首相も成し得なかった(と言うより試みすらしなかった)エネルギー政策の大転換、特に脱原発政策を押し切ったように見えるのは、歓迎したい。これまで、財界、経産省、原子力・エネルギー族議員にばっちり固められ、微動だにしないと思われていた原子力・エネルギーの聖域に大胆に踏み込んだ菅さんの首相としての最後の押しは評価したいのだ。

実際、菅さん以外のどの首相が、例えば、原子力への依存を2030年に50%以上にするとしたエネルギー基本計画を白紙化し得ただろうか。

そして、実際、中部電力浜岡原子力発電所の全面停止を要請し、原子力安全・保安院を経産省から引き離し、環境省を外局とすることを閣議で決定したこと、さらには、電力の発送電の分離を言及するなど、どれを取っても菅さん以外にここまで踏み込めただろうか。

要は、私が評価するのは、日本を原発に依存しない社会にするとの方針を明確にしたことである。その菅さんも、そう遠くない時期に退陣するようである。後に誰が首相になり、どのような政権になるか、今のところ全く不明だが、原発に依存しない社会を目指すという方向性だけは、何としても継承してもらいたいと、政局なるものの行方を苦々しい思いで見つめている。
[PR]
by JAES21 | 2011-08-23 16:06 | 加藤三郎が斬る
ドングリの背比べ

菅総理の後の「リーダーの座」争奪戦が始まった。国難の時代にもかかわらず、相も変らぬ、次元の低い政治闘争にはうんざりである。

それにしても、名乗りをあげたメンバーの顔触れを見ると、ドングリの背くらべ(と言うと、ドングリに叱られそうだが)である。

と言うより、そもそもこういう人たちが、この国の為に、国民の為に、政治家として、これまでどのような努力をし、どのような政策を成し遂げてきたのか。またこの国をどんな国にしたいのか、そのためにどのような政策を実現しようとしているのか、全くわからない。

代表選は私たち国民とは全くかけ離れたところで行われる。

しかし、せめて、名乗りをあげた人たちの、政治家としての過去の実績(具体的にはどのような問題に取り組み法律として成立させたか)、これからの日本をどのような国にしようとしているのかといったビジョンと戦略くらいは、国民の前に提示してほしい。
[PR]
by JAES21 | 2011-08-22 16:57 | 藤村コノヱが斬る
自ら声を出し、行動しよう

佐賀県玄海原発の“やらせ”メールに端を発した“やらせ発言・メール”が、あちこちで問題になっている。

しかし、以前、このブログでも書いたように、こうしたやらせは、今に始まったことではなく、また電力会社に限ったことでもない。今回問題になった保安院を所管する経産省はもとより、他の官庁も、自分たちの政策を推進するために、動員をかけたり、今回と同じように“やらせ”的行為をやることは、半ば日常化しているように思う。

これまでずっと「『公』には口を出すな!」といって国民を黙らせてきた官僚が、自分たちの都合で、今度は国民に“やらせ”を強いるといった行為自体には、強い憤りを覚える。

しかしその反面、「人に言われなければ、自分の意見は言わない、言えない」多くの日本人は、もっと情けないような気がする。

「不言実行」「耐え忍ぶ」は日本人の美徳として尊ばれてきた。そのこと自体は素晴らしいことだと私も思う。
しかし、それも時と場合によりけりだ。

特に、今回の原発事故や温暖化問題のように、将来世代に関わる問題に対しては、誰かが将来世代を代弁して声を出さなければ、「現世代」のエゴだけがまかり通ることになってしまう。

自分の為ではなく、子供たち、将来世代のために、自ら声を出し、行動する。
そんな大人が増えない限り、日本は変われないような気がする。
[PR]
by JAES21 | 2011-08-02 17:25 | 藤村コノヱが斬る



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧