環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

「パリ協定」は、「環境力」溢れる経営者への祝砲
先週の2月19日、第8回経営者「環境力」大賞の授賞式が行われた。
環境文明21と日刊工業新聞社の共催で(最初の3年間は地球環境基金の助成を受けて)毎年開催しているが、今回も「環境力」溢れる中小企業の経営者の話を聞くことができ、非常に有意義な会となった。

これまでにも約40名の経営者を表彰しそのお話を聞いているが、共通する点は、儲けより会社の持続性を重視している点、従業員や地域を大切にしている点、限られた経営資源の中でそれぞれの技術や経営に工夫を凝らしている点、勉強熱心である点、高い志を持って社会に貢献しようとする点、そしてやり遂げる勇気と信念などである。
毎回、大企業では失われつつあるものを彼らは持っていることに気づかされる。

昨年末にパリ協定が発効した際、当方の会報に西岡秀三先生が「環境文明への祝砲」という、我々の活動を後押しするメッセージを送ってくれたが、パリ協定は、「環境力」ある経営者への祝砲でもあると思う。

経団連などは、「2℃さえも難しいのに、1.5℃など不可能」といった反応を示している。
しかし、それは、これまで様々な分野で、厳しい目標達成に向け、頑張ってきた日本の技術力、日本人の勤勉さを最初から諦めているに等しく、「負け戦」を宣言しているようなものだ。これでは、イノベーションも起きるはずがない。

それに比べて、省エネ・省資源を可能な限り追求し、コストダウンも併せて実現してきた中小企業の「環境力」ある経営者には、その先の取組や工夫に期待が持てる。

確かに、これまでの延長では1.5℃を達成することは不可能であろう。
しかし、だからこそ、そこに新たなビジネスチャンスがあるはずだ。

会社を持続させるためには、この試練にも勇気をもって立ち向かわざるを得ないことを自覚して、これまでの努力に、新たな知恵を加え、従業員、そして地域とも連携して頑張ってほしいと思う。
[PR]
by JAES21 | 2016-02-23 17:30 | 藤村コノヱが斬る
<< 今こそ抜本的転換を 廃棄物処理は地球を磨く仕事 >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧