環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

いいね、京大有志の会「声明文」
先週、強引な手法で衆院を通過した安保法案に対して、様々な方面から反対声明が出されている。その一つ、京大有志の会の「声明文」がネット上で共感を呼んでいるという。(7月18日付朝日新聞)。

「戦争は、防衛を名目に始まる。戦争は、兵器産業に富をもたらす。・・・、」   
と続く、誠に明快な声明文だが、特にいいな、と思ったのは、「・・・、学問は、戦争の武器ではない。学問は、商売の道具ではない。学問は、権力の下僕ではない。生きる場所と考える自由を守り、創るために、私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ち込まなくてはならない。」という、最後の部分である。

思えば、現政権は、教育改革と称して、大学にも様々な圧力をかけてきた。
世界に勝てる大学改革を、と世界のトップ100大学に入ることや産学連携の強化を呼びかけたり、最近では社会イノベーションを創出するための教育・研究環境づくりとして、文系廃止や転換を文科省通達で出している。「学生」という人間を見ての改革ではなく、あくまで国力、経済力という「力」だけを念頭に置いた改革である。(「人間」を見ていない点は現政権の全ての政策に共通しているように思う。)

世間では、東芝の不正経理問題が賑やかである。利益至上主義の結果、日本を代表するトップ企業のトップさえもが、企業倫理、人としての倫理を喪失してしまった姿は、愚かとしか言いようがない。そしてこのことが、直接、上記の大学改革とつながるものではないが、現政権が進める大学改革の結末を見るような思いがするのは、私だけだろうか。

環境文明21では、持続可能な環境文明社会の基盤強化として、大学では、単に企業の経済活動に役立つ人材(企業戦士)の育成ではなく、地球市民としての教養と学問的専門性を深め、持続可能な社会を担う人材の育成に徹することを提案している。

今回の声明文は、我々が希求する真の大学の姿と相通じる内容であり、安保法制への反対声明というより、むしろ、大学の真の存在価値を蔑ろにする政権への、大学人から怒りの声明ではないかという気がする。
[PR]
by JAES21 | 2015-07-21 17:30 | 藤村コノヱが斬る
<< 地球にあいた不気味な穴 2520億円 >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧