環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

なでしこの夢は、持続可能な日本につながる
なでしこジャパンの連覇の夢はかなわなかった。
それでも多くの感動を私たちに与えてくれたこと、何より彼女たちの、全員で、全力で、あきらめずに戦い続ける姿は、多くの人に勇気を与えてくれたことは確かである。

それだけではない。
私がもっとも感動したのは、宮間キャプテンの「女子サッカーをブームではなく、文化に」という言葉に象徴されるように、彼女たちは、自分たちのためではなく、次世代の後輩たちのために戦っていたということだ。
あんなに若い女性たちがしっかりと将来のことを考えて、精一杯行動していることは、分野も方法も全く違うけれど、“次世代のために”を合言葉に活動している私たち環境NPOとも通じるところがあるような気がして、とてもうれしかった。

しかし、彼女たちを取り巻く環境、特に経済的な環境は決して良好とは言えないようだ。
前回のWカップ優勝後、女子サッカーへの関心は高まり観客数は増えたものの、ブームが去ると徐々に減少。そのため、彼女たちの数名は依然として昼間は普通に仕事をし練習は夜だという。
そんなハングリー精神が彼女たちを奮い立たせているという面もあろうが、これだけ多くの人に勇気と感動を与えた彼女たちには、もっともっとご褒美をあげたい気がする。

それは何か。
彼女たちの言葉を聞く限りでは、おそらく一番のご褒美は、女子のサッカー人口を増やし、社会に根付かせることなのだろう。

しかし、日本の教育に対する公的支出がOECD加盟国中で最下位であることからも明らかなように、最近の日本は、経済性ばかりを重視し「人」を育てることに不熱心である。
おそらくスポーツ分野でも同じ状況なのだろう。

残念ながら、業界のことも殆ど知らない私には、女子サッカーのリーグ戦を観戦し集客率向上に貢献することくらいしか、彼女たちの夢をかなえる方法を思いつかない。
それでも、彼女たちの夢をかなえることは、実は、多様な能力を持つ若者が育ち、それぞれの分野で生き生きと活動し、仕事や生きることに誇りを持つ、そんな持続可能な日本につながる一つの道ではないかと思っている。
[PR]
by JAES21 | 2015-07-07 17:30 | 藤村コノヱが斬る
<< 2520億円 ローマ法王の慧眼 >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧