環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

現政権が進める積極的平和主義とは異なる国際貢献を
イスラム国による事件が日本中を震撼とさせている。

突然の出来事のように思われるが、しかし、安倍総理のいう積極的平和主義(本来の意味とは異なる意味で使用しているようだが)を推し進めれば、いずれこうした事態が起こりうることは、多くの人が予測していたのではなかろうか。

今回の悲惨な出来事により、明らかになったことがいくつかあると思うが、私には、今言われる積極的平和主義がいかなるものかの一つの姿がはっきり見えてきたし、それがもたらす事態に対して政府は「テロには屈しない」「人命第一」というものの明確な解決策は持ち得ていないこともわかった。そしてこうした事態に対して国家や個人はどう対処するのか、その責任の所在や覚悟についての議論が日本ではほとんど行われてこなかったことにも改めて気づいた。

今はただ、無事の救出と平和的な解決を望むばかりだが、この機会に、私たち一人一人が、混沌とした世界の中でいかに生きていくべきか、日本がなし得る真の国際貢献の在り方について考え議論すべきではないだろうか。

個人的には、こうした混沌とした世界だからこそ、日本が戦後守り抜いてきた平和憲法の意義を世界に広めること、軍事ではなく人類にとって最大の危機である気候変動問題に英知を結集して率先して取り組み全ての生命の基盤を守ること、こうしたテロの根本的原因となっている貧困・格差の拡大を食い止める方策を率先して議論し実践すること、そして民間レベルでの国際貢献を強化すること等々、現政権の進める積極的平和主義とは異なる国際貢献こそが、日本の進むべき道だと確信している。

テロに屈しない姿勢を強く押し出すことは大切だが、間違っても、そのために軍事力を強化すべき、などという強者の論理に、覚悟もないままに同調し、愚かな方向に向かうべきではない。
戦争は、一部の人に富をもたらしても、普通に暮らす人々、弱い人々にとって、悲劇以外のなにものでもないこと、何も生み出さないことを肝に銘じて。

第189通常国会が26日に召集されたが、本件に関する本質的な議論を大いに期待する。
[PR]
by JAES21 | 2015-01-27 17:03 | 藤村コノヱが斬る
<< 気になるピケティ現象 「パリ」の世界史的役割 >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧