環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

環境問題への関心の薄さを憂う
最近、環境分野で活動している友人やジャーナリストたちと会うと、口をそろえて「一般市民の環境問題への関心の低さが、ここ1、2年急速に出てきた」と言う。私自身も同様のことを感じており、なんとか関心を高めてもらいたいという私なりの思いから、このブログを使ったり、私どもの会報や新聞雑誌などで発言しているが、残念ながら効果はあまり期待できない状況だ。

気候変動問題や化学物質問題、あるいは生物多様性の問題などが、日本の内外でだんだん解決され、最早、問題足り得なくなったとすれば、一般市民の関心が低くなるのは当然であり、なんの問題もない。しかし事態は全くその逆で、温暖化に伴う異常気象の頻発や生物圏の急速な悪化、化学物質の汚染の影響などが明らかに加速しているというのに、市民の関心が薄くなり政治家も対応しなくなるのは、憂慮すべき危険な状況だ。現在、東京都知事の選挙を巡って、原発の将来に対する意見は聞かれるようになり、そのこと自体は歓迎するが、気候の変動問題をはじめとする地球環境問題への政策論争は、まだ聞こえない。

例えば、火力発電所、あるいは自動車、飛行機、船舶などからのCO2排出に規制基準を掛けるべきか否か、地球温暖化対策を増強し、その税収を再生可能エネルギーや省エネにポイントを与えるような経済的手法の是非が議論されたり、EV車やハイブリッド車については高速道路料金を無料にすることによって低燃費車の普及を促せないかとか、そういう議論があってしかるべきだと思うのだが、原発問題だけに留まっているのは誠に残念である。

なぜ、市民が環境問題への関心を失いつつあるのか、そのこと自体も重要な問題であり、私自身、意見もあるが、環境対策のすすめ方や経済政策との関連などについて国民レベルでの議論や意見の交換がなければ日本の将来は危ないと思うばかりである。
[PR]
by JAES21 | 2014-01-28 18:00 | 加藤三郎が斬る
<< 教育改革案に異議あり 国家権力の怖さ >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧