環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

薄氷の合意COP19

今月11日からワルシャワで開催されていた地球温暖化防止に関する条約加盟国の年次総会(COP19)が会期を一日延ばし、難航の末に合意がなされた。
まさに薄氷の合意と言えるだろう。

とは言っても、地球温暖化対策については92年6月の「地球サミット」で国連気候変動枠組条約が採択されたときから、ずっと薄氷を積み重ねた上での前進である。
今回の場合は、11月8日にレイテ島を襲ったスーパー台風のあまりに激甚な被害を目の当たりにし、フィリピンの代表が涙ながらに同会議で訴えたことが、かろうじて合意に達する圧力となったのかもしれない。

私は、1990年のIPCCの第一次レポート公表以来、この問題を見てきた。温暖化の恐るべき脅威を科学が一枚一枚ベールをはぐように明らかにしていく一方で、経済開発を優先する国内政治の圧力は、先進国においても途上国においても極めて大きい。その狭間で、常に温暖化への対応を困難にしてきた。

今回のワルシャワでは、既に合意されていた2015年のCOP21で京都議定書に代わる枠組みを構築し、それを2020年に発効させるというスケジュールは、再確認された。京都議定書に代わる枠組みは、条約参加国が自主的に決めた削減目標をそれが適切かどうかを全体で評価し合って、対策を進めていく方式になる見込みである。

来年のCOP20は、ペルーのリマで12月に開催され、そして15年11月にはCOP21がパリで開かれるというスケジュールも確認された。これからまた薄氷を踏みながら、人類社会が気候変動問題という巨大な問題にどう向き合いどう戦っていくかがこれから試されるが、その具体的な中身はまだ見えていない。

15年のパリ会議に向けて、これからどれほどの薄氷を踏むことになるのか、踏み間違えてしまえば、年ごとに脆弱になっている北極海の氷の上に生きてきたシロクマと同様の運命を、人類社会が経験することになるかもしれない。その意味でも、地球温暖化対策をどう構築していけるかは、国内的にも国際的にも存亡をかけた重大な課題であり続ける。
[PR]
by JAES21 | 2013-11-26 11:33 | 加藤三郎が斬る
<< これ以上、将来世代にツケを残し... 温暖化は避けられない”運命”に... >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧