環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

原発政策転換の危機
自民党の圧勝から10日余り。危惧していたことがさっそく始まった。
原発政策の見直しである。

昨日の新閣僚の会見の中で、茂木経済産業大臣は、民主党政権時代の原発政策の見直しを明言。2030年代の原発稼働ゼロを可能とする方針自体の見直しに加えて、核燃料サイクルに関しても「放棄する選択肢はない」としてその継続を示唆した。

これまで50年以上、業界と共に原子力政策を推進してきた自民党が政権をとれば、こうなることは目に見えていた。にもかかわらず、多くの国民は、命に関わる原発よりも、目先の景気回復、経済再生を選んだ。

だが、「しかし」である。
国策民営のあの原発事故で、あれだけの被害を及ぼし、その後の補償も進まず、今なお苦しんでおられる方がたくさんいる。そのことに対する政治的責任は全く果たせていない。そのことの責任は、民主党よりむしろ自民党にあるように思う。

そして、多額の予算と人手をかけて行われた、あの夏の国民的議論では、国民の多くが原発ゼロを選択した。民主党政権下での閣議決定では、それが玉虫色の表現になったが、それでも一応、2030年代原発稼働ゼロは目標として残っていた。それが国の方針だと私たちは信じた。

にもかかわらず、私たちの生命に関わるこのことが、政権が変わった途端に、こんなに簡単に、方向転換されようとしている。
自民党圧勝と言っても、投票率60%足らず、比例区獲得議席57/180、国民がこぞって自民党を支持したわけではないはずなのに。

もっと、もっと、厳しい目で政治家を見、大きな声で市民の声を届けていかなければ、この国の将来は本当に危ない!!
[PR]
by JAES21 | 2012-12-27 16:18 | 藤村コノヱが斬る
<< 2012年は異常気象ばかり 市場経済と民主政治の行方を憂う >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧