環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

本気の国民的議論を望む

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメントが開始された。
2030年における原発・再生可能エネルギー等の比率に関する意見聴取を行うもので、国民的議論の一つに位置付けられている。

 しかし、その募集方法を見て、がく然とした。
 なんと、100字でその意見の概要を述べよというのである。
この字数では、3つの選択肢のどれを選ぶかしか書けず、問題だらけの内容について本質的な意見を述べることはほとんど不可能である。文書作りに慣れた政府の役人ならそんなことは百も承知のはずである。
公告には、100字を越えてもいいが概要は100字以内にまとめるよう書かれている。しかし、100字の概要しか読まれないだろうことは容易に予測がつき、本気で国民の意見を聞こうとしているのか、はなはだ疑問である。

しかも、パブリックコメントは、一応全国民に門戸を開いているものの、その弊害として、関係者からの組織的な意見が多いことが指摘されており、必ずしも、一般国民の意見を聞く手法としては適切ではない。今回もおそらく、原発を推進する電力会社や関係業界、経済界から多数寄せられるのではないだろうか。

この他に、国民的議論として、全国11箇所での意見聴取会の開催や討論型世論調査の実施等が盛り込まれているが、その内容も誠にお粗末である上に、出てきた国民の意見をどう政策に反映するのか、しないのか、そのプロセスは全く不明である。

今を生きる私たちだけでなく、将来世代にも影響するエネルギー・環境問題、なかんずく原発問題について、こんないい加減な「国民的議論」で結論を出してはいけない、と強く思う。
[PR]
by JAES21 | 2012-07-03 11:38 | 藤村コノヱが斬る
<< 「エネルギー・環境に関する選択... 広瀬新社長さん、原発リスクがそ... >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧