環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

四国電力が伊方原発3号機のストレステスト結果を国に提出
四国電力が伊方原発3号機のストレステスト結果を国に提出した。これに先立ち、先月下旬には関西電力が大飯原発3号機の結果を国に提出している。
電力会社としては、冬の電力不足を補うため再稼働を急いでいるのだろうが、あまりに時期尚早である。

そもそもストレステストは、福島原発事故を受けて、この7月、当時の菅総理の一声で導入されたものだが、もとはEU諸国が各国の原発の安全性を調査し、その公表を義務付けたものであり、その内容は地震国である日本の自然環境や災害の特性を考慮したものとは言えない。また施設の老朽化も考慮されていないという。福島の原因究明をもとに作られたもので、施設の老朽化なども考慮したものであれば納得もいくが、そうでなければ、テストを実施する意味がどこにあるのか?

また、電力会社が作成したものを保安院がチェックするという体制も、これまでの「原子力ムラ」構造そのままで、到底信頼できる体制とは言えない。

安全・保安院が開催した専門家会議でも異論が続出したと言う。やっとまともな議論になってきたかと言う思いはするが、福島の惨状が依然として続いている今、そして福島のような事故がもう一つ日本で起きたならば、日本はおそらく再起不能に陥るだろうという危機感があれば、ストレステストで再稼働などと言う安易な話が出てくるはずがない。

ちなみに、本日、東電歴代役員60名に対して5兆5045億円を会社に賠償(返還も含め)し、それを福島の賠償に充てるよう求める「株主代表訴訟」が提起された。

責任感と危機感のない人たちには、こうした手段しかないのか・・・。
[PR]
by jaes21 | 2011-11-17 19:50 | 藤村コノヱが斬る
<< 地球温暖化の危機は、人間のエゴ... これでいいのか リニア中央新幹... >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧