環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

環境教育推進法改正案が無事成立した。
当会がイニシアティブをとって平成15年に成立した法律だが、当初の法律はかなり骨抜きのモノだったことから、改正に向け再度要望を提出し成立を働きかけてきた。

改正案では、我々の提案のかなりの部分が反映されている。例えば、環境教育や環境保全活動の定義が拡大され、名称も「環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律」という長たらしいものから、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」と変更された。

また、学校教育における環境科の導入の要望はかなわなかったが、それでも教職員の資質の向上のための措置を講ずると言った内容が盛り込まれている。

こうしたことに加え、我々が特に要望したことは、環境NPO等の環境保全活動を促進する仕組み、例えば、①政策形成・実施過程への参加の制度的保障のしくみ、②助成金拡大、③税の優遇措置等である。

改正された法律では、例えば、①に関しては、「多様な主体の意見を求め、これを十分考慮した上で政策形成を行う仕組みの整備及び活用を図るよう努める」となっている。

以前の法律にはまったく書かれていなかった内容が明記された点は、一歩前進であるが、「努める」といった段階で、今後さらに推し進めていく必要がある。また②や③についても、十分とは言い難い。

それでも、以前に比べれば、環境教育や環境保全活動を行う条件は、整備されてきている。後は、これをどううまく活用していくかだ。「法律は無縁のもの」などと言わず、賢く法律をつかっていくこと、それが持続可能な市民社会をつくる第一歩になると思う。(なお、当会会報7月号で詳細を述べる予定である)
[PR]
by JAES21 | 2011-06-08 14:20 | 藤村コノヱが斬る
<< 地味ではありますが、もっと参加... 「雨ニモマケズ」が投げかけた重い宿題 >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧