環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

脇を固めないと・・・。
発電・送電分離論が出ている。

もう15年程も前になるが、ドイツのフライブルグ郊外にあるシェーナウという人口2,500人の小さな町を訪問した。ここは、チェルノブイリ事故を受け、「原発のない未来のための親たちの会」を地域の女性たちが結成し、最終的には市民発電所を創り上げたことで知られていたからだ。当初は省エネの啓発活動を行っていたが、持続可能な未来のためには、節電だけでなく、太陽・水・風力・コジェネなどの持続可能な電力供給が必要と考え、グループのメンバーがドイツ全土の国民の支援と寄付を得ながら、電力会社とも闘い、市民独自の電力供給のための「シェーナウ電気供給網買収組合」、そして「シェーナウ電気事業所」を設立したのだ。

この活動がうまくいった理由として①原発被害を心配する親たちの中に活動をリードするリーダーがいたこと、②活動を支える市民の環境意識が高かったこと、そして③団体への寄付が税金控除の対象であり活動資金が得やすく、連邦自然保護法によりエネルギー政策に関して市民団体の発言が法的に認められており、住民投票が法的拘束力を持っているなど、まさに市民の力を活かす社会システムが整備されていたことが挙げられよう。

それに比べて、日本では10電力が独占的に電力供給権を握っているうえに、エネルギー政策に対して市民はもとよりNPOにさえ法的に保護された発言の場はなく、一部の利害関係者により全てが決定されている。NPO・市民社会への理解と支援もまだまだである。

脱原発、発電・送電分離論の方向はいいし技術力ある中小企業の発展につながると思うが、それを実現するには、市民社会を強くするための政策も併せてやっていかなければ、たちまち従来のエネルギー関連利権グループ(特に「原子力村」)に打ちのめされてしまいかねない。

脇を固めることを忘れないでほしい。
[PR]
by JAES21 | 2011-05-19 13:46 | 藤村コノヱが斬る
<< 「原子力村」は他にも 悲劇なくしては、基本政策は変え... >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧