環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。
  

技術はあれど、それを伸ばす見識も政策もないのか
日本は今、いろいろな面で衰退現象が目立ってきている。GNPで見て、昨年中国に追われて、3位に後退したというのは、その代表例であるが、その他にも、様々な面で、「Japan as No.1」と言われたかつての勢いは消えてしまった。

しかし、そのような中で、多くの日本人は、日本の環境技術、環境政策は、まだ世界に冠たるものであると思っているのではなかろうか。確かに、省エネ、リサイクル技術をはじめ、ハイブリッド車、リチウムイオン電池、高性能のソーラー発電技術など、現時点では、世界の競争場裏に投げ込まれても、比較的優位にある技術は、まだある。しかし、これらの技術も、欧米だけでなく、中国や韓国にも激しく追い込まれている。従って、これら比較的優位にある技術の競争力を高め、維持していくには、やはり政策が必要である。

企業や技術者を奮起させるには、より良い技術を開発した者には、ご褒美が与えられ、低いまま留まる技術にはペナルティを科す政策が不可欠だ。1970年代の激しかった産業公害時代に、政府も産業界のリーダーも、紆余曲折は経ながらも、大胆にアメとムチの政策を導入し、当時の厳しかった産業公害を乗り越えた。代表的な例が自動車排ガス規制であろう。当時の日本はまだ、世界の自動車業界から見て、ひ弱だと思われていたが、自動車排ガスを1/10以下にするという途方もない課題をアメリカから突き付けられて、それに企業も技術者も敢然と挑戦したために、それを乗り越えることができた。

今でも語り草だが、本田宗一郎さんは、「マスキー法は天の助けだ。今や世界中の自動車メーカーは、低公害エンジンの開発で同時スタートを切る。こんなチャンスはない。それはすなわち、世界で一番後発であったホンダが、この開発競争に勝てば、世界一のメーカーになることが出来る。」と語っている。しかし、今、温暖化、生物多様性の危機に直面しても、残念ながら、わが国の政治や産業界のリーダーたちは、敢然とこれに立ち向かう意志も戦略性も、そして忍耐力もないようだ。

一昨年の9月、当時の鳩山首相は、例の温室効果ガス25%削減を表明したときに、この目標を達成するためには、「政治の意志として、国内排出量取引制度や再生可能エネルギーの固定買取制度の導入、地球温暖化対策税の検討をはじめとして、あらゆる政策を総動員して実現を目指していく」決意を語った。そして「国民も企業も政治も、産業革命以来続いてきた社会構造を転換し、持続可能な社会をつくることが次の世代への責任である」旨、語っている。
それから、一年半、鳩山さんの舌の根も乾かぬうちに、民主党現政権は、排出量取引制度については、早くもギブアップ気味である。少なくとも来年度での導入は見送ってしまった。玄葉国家戦略相の補佐である柿沼正明議員は、「排出量取引というのは経済成長と環境が現時点では両立しない。もっと言えば、これをやったら今構築中の成長戦略が台無しになる。つまりアクセルとブレーキは同時に踏めない。」と語る始末だ(『週刊エネルギーと環境』2011年1月13日付)。

誠に、安直なギブアップ宣言だ。
こんなことを民主党のキーマンが言っているようでは、到底25%削減などは不可能だ。鳩山さんが掲げた目標は、本来ならば、日本が持っている環境技術、省エネ技術を伸ばし、国際競争力をつけるまたとない機会であるのに、それに挑戦もしないうちに、経済成長と環境が両立しないと平気でおっしゃる。日本の明日の希望の灯を自ら吹き消してしまうようなものだ。

これでは、日本経済の衰退は止まるまい。
[PR]
by JAES21 | 2011-02-08 17:36 | 加藤三郎が斬る
<< 求む!政治家のリーダーシップ 100年先を見通せる政治家にな... >>



環境文明21の共同代表「加藤三郎」「藤村コノヱ」の両名が、時事問題等を斬る
by JAES21
カテゴリ
全体
会報巻頭言『風』
加藤三郎が斬る
藤村コノヱが斬る
共同代表が斬る
はじめにお読み下さい
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧